高卒で転職するには資格が必要?転職で有利になる資格5選と難易度や勉強法をご紹介

「転職したいけど高卒だと厳しいかな?」と諦めてしまっているそこのあなた!

高卒でも転職成功率を上げる方法があります。それはズバリ「資格」です。
資格を取得することで職の幅が広がります。一概に資格とは言っても、様々な資格があるため、具体的にどのような資格を取得したらいいのかわからない人も多いですよね。

今回はそんなあなたに向けて、高卒が就職や転職成功率を上げるためにおすすめの資格をピックアップし、資格内容から難易度まで徹底解説します。
この記事を読むことで資格取得や転職成功率が上がりますよ。

高卒で取得しておくとよい資格5選

「高卒が就職を有利にするためには資格を取得すること」と、言われても実際にどんな資格を取得したら良いのかわからない人は多いですよね。だからといって正しく取捨選択せずがむしゃらに資格を取得しても、時間や労力に加え、資格取得にかかる費用を無駄にしてしまいます。

転職はスピードが大事です。わずかな時間も無駄にしないために、転職を有利にする資格を絞り込み、資格難易度や内容を知ることで最短での資格取得、転職に繋がります。ここでは悩めるあなたに向けて、高卒が転職を有利にするための資格を5つに厳選して紹介します。

さっそく転職に有利な5つの資格を見ていきます。

ITパスポート

ITパスポート、通称「iパス」とはITに関する基礎的な知識を証明できる国家試験です。現代社会においてITリテラシーというものは必須のスキルです。もちろん資格取得をしていない人でもITリテラシーの高い人はいますが、就職や転職において、そのスキルを証明できるということは大きな強みとなります。

MOS(スペシャリスト)

MOSとは、マイクロソフト・オフィスス・ペシャリスト(Microsoft office specialist)の略です。MOSは、幅広いジャンルの会社において使われているオフィス製品の操作スキルを証明できます。そのため、国内外問わず世界的に通用する資格となっています。

簿記

簿記とは、お金や物の出入りに関する記録方法の事を指します。つまり、簿記資格を取得することでお金の流入・物流に関する基礎知識を身に着けることができます。一般事務などの職種はもちろんのこと、経理などの職に就きたいときにも重要な資格です。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療事務の資格とはいっても、様々な団体や種類やありますが、今回は医療事務のなかでも最大規模の資格「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」に焦点を当てて紹介します。この試験は病院や診療所などで主に受付業務や会計業務などをするために必要な能力を身に着けていることを証明する資格です。

TOEIC(トーイック)

TOEIC(トーイック)はTest Of English for International Communicationの略です。この試験資格を持っていることであなたの英語力をアピールできます。国際的な資格のため、実際に人事採用のときにはTOEIC(トーイック)は評価性が高い傾向にあります。

厳選した5つの【資格】難易度と取得までの時間は?

高卒が転職を有利にするための資格を5つ厳選して紹介しましたが、内容のほかにも気になるところがありますよね。ここでは、先ほど紹介した5つの資格それぞれの難易度と資格取得にかかる時間の目安をお伝えしていきます。

ITパスポートの難易度と取得時間

ITパスポートの難易度は、IT未経験の方でも取り組みやすいため、難易度はそこまで高くありません。近年も合格率は上昇傾向にあり、受験者の約50%は合格していることから、普段PCを触ることが好きな方が勉強すれば問題なく合格できるレベルであるといえます。

取得までの目安時間として個人差はありますが、情報系経験者で約20時間程度。情報系未経験者で約30~50時間程度といわれています。

MOS(スペシャリスト)の難易度と取得時間

MOSの難易度はパソコンの基本的操作ができる人なら誰でも挑戦できるレベルです。もちろん、ワード(Word)やエクセル(Excel)といったオフィスアプリケーションの基本スキルが必要です。特に、エクセル(Excel)の場合、計算式を覚える必要があるため、未経験者だと一からの勉強が必要です。

取得までの目安時間として個人差はありますが、パソコンの基本操作ができる人は約2週間程度、パソコンがあまり得意でない方は2か月以内とされています。そのため2か月以上かかるようであれば、パソコン教室などに通い勉強されることをおすすめします。

簿記の難易度と取得時間

ここでは取得しやすく就職に有利になるとされている簿記2級の難易度と取得時間について説明します。簿記2級の難易度はしっかり勉強をしないと受からないレベルといえます。平均合格率は約23.9%と10人に2~3人合格するレベルです。

取得までの目安時間として簿記3級を持っている人で約150時間、初めて挑戦する人は約200時間の勉強時間が必要といわれています。

医療事務技能審査試験の難易度と取得時間

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の難易度は未経験者にはやや高く、医療経験者だとやや簡単なレベルです。平均合格率は60%越えとなっており、未経験から医療事務に従事したいひとでも挑戦できる資格となっています。

取得にかかる目安時間としては、個人差はありますが、未経験者で約100~200時間の勉強時間が必要だと言われています。

TOEIC(トーイック)の難易度と取得時間

TOEICの難易度は完全個人差レベルです。なぜなら、TOEICでは合格・不合格の基準よりも、スコアを重視されるからです。就職の際に武器になるスコアは平均600点以上からと言われています。

取得時間の目安時間として、社会人がスコア600点を目指すなら平均で3ヵ月の約300~400時間の勉強時間が必要とされています。

資格がなくても就職しやすい職種

ここまで、就職に有利となる資格を紹介してきましたが、資格がなくても転職は出来ます。
「高卒で資格も実務経験も特にないから転職はむずかしいかも」と、思っているあなたも諦めないでください。高卒で資格や実務経験が無くても就職できます。ここでは高卒でも就職しやすい職をご紹介します。

エンジニア職

エンジニアはITを扱う専門的な仕事です。IT化が進む現代において需要が高まっており、今後も必要とされる職といえます。そんなエンジニアは高卒で未経験でも募集している求人が多く、特に東京では未経験の求人が多くみられる傾向にあります。

未経験でも就職しやすい理由として、既存のエンジニアの数に対して需要(仕事量)が多いことが挙げられます。そのため未経験や高卒の人も積極的に採用し、質の高い研修制度を設けることで、一からエンジニアを育成する会社が増えています。

営業職

営業職は主に会社の商品やサービスを、個人のお客様や法人に対してセールスする仕事です。インセンティブ制と呼ばれる成果報酬型の形態が多く、学歴よりも営業成績を最重要視される傾向にあります。

学歴よりも営業成績を重要視されるため、高卒の人でもトーク力に自信があったり、人と話すのが好きな人におすすめの職種です。高卒でも就職しやすく、大卒の人にも引けを取らずに活躍しやすい職業となっています。

販売職

販売職は接客がメインのお仕事です。お店の顔となる職業のため学歴よりも人柄や応接能力が問われます。一人で黙々と作業する仕事とは違い、常に人と関わっているため、コミュニケーション能力に長けている人が重宝されます。

販売職は圧倒的に求人数が多く、需要が高いため、高卒で未経験の人でも就職しやすい職業です。コミュニケーション能力に自信がない人でも、実際に働くことで自然とスキルは身に付きますし、次回の転職にも有利に働きます。

まとめ

今回は高卒の人が持っておくとよい資格を厳選して5つご紹介しました。実際に資格取得を考えている人は参考にしてみてください。もちろん資格が無くても就職できます。資格を持たずに就職を考えている人は実務経験の役立つ仕事への就職や、高卒未経験でも転職しやすいエンジニアや営業、販売職なども視野に入れてみてください。

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content