【体験談あり】高卒で転職を成功させる必勝法とは?失敗する人の特徴も合わせてご紹介

「高卒だけど転職を成功させたい!」
「すごい経験はないけど転職したい」
と思う方は多いです。

ただ、転職成功させるためのノウハウ、方法がわからないという方も少なくありません。

そこで、本記事では高卒でも転職を成功させる方法について、失敗する人の特徴と併せてご紹介します。

本記事を一読いただければ、失敗しない、成功するための転職活動のノウハウを理解できます。
そして、より実践的なノウハウを解説するので、今日から転職成功に向けた第一歩を踏み出せます。

転職成功の秘訣を本記事に凝縮しているので、是非参考にしてください!

高卒の転職 失敗する人の特徴とは?

高卒でも転職で成功する人、しない人はハッキリ分かれますが、その理由は経験やスキルの違いだけではありません。経験・スキルがないからといって転職で失敗するわけではないということです。では失敗してしまう人にはどのような特徴があるのか、解説しましょう。

転職に対する姿勢がネガティブ

「人間関係の悪さ」「給与の低さ」「将来への不安」がきっかけで転職を考える人が非常に多いです。つまり、多くの人は現状の不満や不安が転職の動機になっているというわけです。
他方、「高卒だから転職は難しい」「地方から都会への転職はできない」とネガティブに考えている人もいるでしょう。

もちろん、不満や不安から転職を考えること、転職に不安を抱えること自体が悪いわけではありません。ただ、転職に対してネガティブだと、選考や面接でも出てくる言葉もネガティブなものになってしまいます。

採用担当は「これから頑張りたい!」とポジティブな人を採用したいと考えています。ネガティブな発言が多い人を企業は採用しようとは思いませんよね。そのため、転職に対する考えがネガティブだと失敗しやすいわけです。

企業・業界研究が不足している

選考を受ける企業・業界の理解が不足していると、
企業から

「モチベーションが低いのでは?」
「うちの会社に本気で入りたいのか?」

と思われ、失敗してしまいます。

東京で転職活動するには、情報収集が非常に重要になります。

恋愛でも相手のことを何も知らずに告白しても、成功する確率はゼロに等しいですよね。それと同じで転職でも選考を受ける企業・業界について何も知らない状態では成功しません。企業・業界に関するある程度の知識は武器になると言えます。

自己分析が不足している

どの業界に向いているのか、どういった仕事が得意なのかを理解できていない人は失敗しやすいです。その理由としてはミスマッチが起きやすい、面接で上手く自己アピールできないことが挙げられます。特に自己分析ができていない人の自己アピールは薄く、説得力がない傾向が強いです。

転職成功の登竜門は面接です。その面接を突破できず失敗してしまう人は自己分析ができておらず、自己アピールが薄いケースが非常に多いというわけです。

成功のためにも失敗から学ぼう!

高卒でも転職を成功させるためには、ご紹介した失敗する人の特徴の反対のことをすることがポイントです。
つまり、以下の3つが転職成功のポイントだと言えます。

・転職に対する姿勢をポジティブにする
・企業・業界研究をしっかり行う
・自己分析をする

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とは、かの有名な戦略家・孫子の言葉で、「相手のことをよく知り、自分のことをきちんと理解すれば、どのような戦いでも勝てる」という意味です。
転職活動も同じで、企業・業界のことをよく知り、自分の長所や得意なこと、向いている仕事を理解すれば成功する確率はグッと高まると言えます。
他者の失敗から学び、成功につなげていきましょう!

今日から実践できる!転職成功のノウハウとは?

ここまで高卒の転職で失敗する人の特徴についてご紹介しました。では、どのように転職活動をすれば成功する確率が高まるのか?そこで、転職成功のノウハウを3つのポイントにまとめて解説しましょう!

転職活動に対する姿勢をポジティブにする

まず、転職活動に対するネガティブな姿勢を払拭し、ポジティブにしていきましょう。方法としては、「転職して何を実現したいかを何個も挙げていくことです。転職に対してネガティブな姿勢の人は前職・現職での嫌なイメージが払拭できていないことが多いです。過去に注目してしまうと、ネガティブになりやすいと言えます。

そのため、

「東京に出て何をしたいか」
「どのような仕事をしてみたいか」
「何を叶えたいか」

を考えていきましょう。
これらを列挙していくことで「転職したい!」と本気で思えるようになり、モチベーションも高まります。
決して精神論ではなく、心理学でも実証されており、面接や選考でも必要な姿勢なので、実践してみてください!

企業・業界研究、自己分析をする

企業・業界研究は「四季報」や「業界地図」などの転職雑誌、ネット・求人サイトから情報収集して行いましょう。
重要なのは「企業・業界の情報」「企業の事業内容」「企業の制度、採用情報」「仕事内容・待遇」「業界で働くのに必要な知識」などの情報を収集することです。

特にネットでは様々な情報が溢れているので、必要な情報をピックアップして収集するよう心がけましょう。

また、自己分析は「自問自答」を繰り返して行うのがおすすめです。
例えば、「自分はどのような仕事をしたいか」「得意なことは何か」「長所は何か」などを自問し、それに対して回答していくことです。面接対策にもなるので、ノートに書き出しながら行いましょう。加えて、転職サイトの自己分析ツールなどを活用すると、より自己理解を深めることができます。

アピールポイントを明確にする

自己分析ができれば、面接を受ける際に必要になるアピールポイントを明確にしましょう。
アピールポイントは「ご自身の経験」をひも解くことで明確になります

例えば、「粘り強さ」をアピールしたいなら、「粘り強く仕事をしてきた経験」を具体的に考えることです。どのような場面で粘り強さを発揮できたか、粘り強さを発揮したことでどのような成功体験があるかなどを考えることで、アピールポイントを明確にできます。

アピールポイントの明確化は、面接を突破し採用を勝ち取るためにも必要不可欠なので、自己分析と並行して進めましょう。

成功体験から見る成功の秘訣!

高卒でも転職に成功している人の中で

「企業研究をしっかり行なった」
「自己分析を進めて自己理解を深めた」
「面接でしっかりアピールできた」
という人は非常に多いです。
そして、成功している人のほとんどが転職をポジティブに考えています。

つまり、転職を成功させるには準備が非常に大切だというわけです。
そのため、ご紹介した成功のノウハウを今日から実践し、転職活動の準備を進めましょう!

高卒でも転職で成功しやい仕事はエンジニア!

高卒でも転職で成功しやすい仕事はエンジニアです。
ITの技術革新を背景にエンジニアの人手不足が進んでいるため、高卒の未経験でもエンジニアとして採用されやすいです。

もちろん、エンジニアには専門性、プログラミングの知識が求められます。しかし、未経験採用を活発に行なっている企業では、採用段階で専門性や知識を求められることはなく、学習意欲やモチベーションの高さが主な選考基準になります。
そして、入社後に研修・教育を受けられる環境が整っているケースが多いです。

また、東京では高卒・未経験歓迎のエンジニア求人が非常に多いです。
加えて、エンジニアは「将来性がある」「給与水準が高い」「専門性がつけられる」など、メリットがたくさんある仕事だと言えます。
もし未経験でも採用されたい、ジョブチェンジしたい、将来性のある仕事をしたいと考えるなら、エンジニアは選択肢の一つとして考えていただくのがおすすめです。

転職成功には転職エージェントを利用するのが近道!

転職で成功するのに必要なのは学歴ではなく、転職に対するポジティブな姿勢、企業・業界研究、自己分析などの準備です。
そのため、高卒だからといって転職をネガティブに考える必要は全くありませんので、今からできることを積み重ねていきましょう。
そして、今からできることの一つに転職エージェントへの登録が挙げられます。

東京エールでは転職活動のサポートや求人の紹介、シェアハウスの無料提供などのサービスを提供しています。

上京して転職活動するのに不安がある方、転職を成功させたい方は是非ご相談ください!

東京エールを利用して前向きに転職活動に臨みましょう!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content