高卒の工場勤務から転職を成功させる必勝法をご紹介!学歴不問で稼げる転職先をご紹介

高卒で、職歴と言えるのは工場で働いた経験だけ。

転職をしたいけど、履歴書や職務経歴書を書いても落とされてしまう!学歴不問という求人なのになんで?と不思議に思いませんか?

本記事では、転職を成功させるためのキーポイントと方法を紹介します。

意を決して送った書類を、何度も書類選考の段階で、お見送りとしてお祈りされてしまうと心も折れてしまいますね。

本記事を読めばもう大丈夫です!
履歴書や経歴書に書く内容も自然とわかるようになり、面接でもどんなことを答えれば良いのか、イメージができるようになります。読み終わった瞬間、転職を前向きに考えられるようにもなります。

諦めずに、やりたい事へ前向きに踏み出していきましょう!

辞めたくなる理由は「単純作業がつまらない」

工場勤務で挙げられる現場のイメージは人それぞれですが、誰でも共通して言える印象は「単純な作業を続けている」などではないでしょうか。

工場といえばライン作業であるところも多いでしょう。ラインに流れてくる品物に対して作業を重ねるだけです。1日中何度も、「淡々とただこなすだけの単純作業」を繰り返している事が飽きてきた、と思う方も少なくありません。

それ以外にも他にあげられる理由としては

・昼夜の区別がつかない。夜勤に慣れず、とてもつらい
・仕事でのミスが原因で周りとうまく付き合いが出来なくなった
・やりがいがわからない、感じられない
・向上心が沸かない
・意識の低い同僚しかいない

など挙げた理由は一部ですが、さまざま。退職理由といえばネガティブな印象が強い傾向にありますが、これらの理由をネガティブなものからポジティブな理由に変えると、採用担当も可能性を感じて、採用につながる事もあるのです。

工場勤務を辞めて転職をした方が良い人の5つの特徴

仕事で評価を受けたい人

→工場などの現場では評価を受けることが、まず少ないでしょう。そのため、成果や評価をモチベーションにしている人からすると、少々厳しいところがあるのではないでしょうか。

仕事を通して、関わりを増やしていきたい人

→工場では、人と話す事が少ない、関りが少ないというような悩みも大変多いとされています。
仕事を通じて、人脈を増やしたい、関わりを増やしていきたいタイプの場合は、転職を考えると良いでしょう。

給料を上げたい人

→給料に関しての理由の場合は、仕事で評価を受け、成果も出してはいるものの、給料に響かない、昇給がないということがあげられます。
昇給の制度はあるけど実際にはしていないということも中にはあるでしょう。

スキルを身に着けていきたい人

→手に職を付けて、安定した生活を送りたいと思ったことはありませんか?ルーティンワークですと、なかなかに手に職を付けることが難しく、転職する際に武器になりづらい
のも現実としてあります。

バランスの良い生活を心がけて、仕事において充実感を得たい

→これをワークライフバランスと表現されます。バランスの良い生活を送る事で、心身の健康を図る事ができ、仕事に対しても充実感を得ながら働くことで向上心もあがるとされています。

などが挙げられるでしょう。難しそうなことを言っているとみえてしまいませんか?
しかし、根底にあるものは、転職活動をする人、全てに共通するポジティブな希望の「現状を変えたい」という事です。

まずはネガティブな内容は考えず、転職先でどのように働きたいのかを考えてみましょう。

前項で取り上げたネガティブとされる理由と、本項で挙げている希望を組み合わせた理由が下記になります。

例えば:昼夜の区別がつかず、夜勤に慣れないという理由をポジティブに変える場合
「今の職場では入社当初から、日勤の朝7時から夜19時と夜勤の夜19時から朝7時までが2日続きであり、夜勤明けは1日休みという勤務をしてきました。
同僚も同じ状況で、2年にわたり職場環境の改善を求めて要望を出したりしましたが、変化を好まない会社の風土でもあり、「うちの会社はこのやり方でやってきた」と受け入れてもらえませんでした。
ワーク・ライフ・バランスを改善したいと考えて、転職の決意をした次第です」

前職のネガティブな部分を書く+転職活動をするにあたってどんな生活をしていきたいか、などの希望を理由として一緒に書く事でポジティブな内容として受け取ってもらえる事が多いのです。
まずは書いていた履歴書の内容を確認してみましょう!

高卒の工場勤務でも転職しやすい業種のキーポイントは未経験採用

求人サイトを見ていると、未経験採用という言葉をよく見かける事も多いのではないでしょうか?

未経験採用というものは、経験がなくても採用をするというものです。つまり、「転職できるかな?スキルがないけど」と悩む方に、まずは挑戦してほしい求人と言えます。
以下で主な職務内容を説明します。

エンジニアの場合

未経験採用の求人がとても増えている職種のひとつです。

エンジニアとは専門的な知識や、技術をもった人たちの事であり、日本では技術者ともいいます。そして未経験で採用されたインターネット関係のITスキル、専門知識を備えたITエンジニアが大活躍しています。

主な仕事内容は次の通りです。

提案、設計と開発、テストを行うなどの一連の流れを担当するシステムエンジニア
システムエンジニアが設計した設計書(仕様書)をもとに、プログラミングを行って機能を組み込んでいくプログラマー
ネットワークの設計、構築と運用保守を行う、ネットワーク(インフラ)エンジニア
サイト、アプリケーションなどの設計と開発、実際に運用して、保守(サイト警備)などを担当するWEBエンジニア

※運用とは、システムやソフトをうまく働かせて使う事です。例えば、トラック運転手はトラックを運用して事故が0件としましょう。これは、トラックを運転手がうまく運転しているから起こった成果ともいえるのです。この状態を運用したと表現されます。

※保守とは、正常の状態を保って、その状態からトラブルが起きないようにする事をいいます。警官がパトロールしている状況に似ているでしょう。トラブルが起きたら真っ先に動かなくてはなりませんね。これは保守をしている担当者も同じです。

など、あげた職種は一部ですが、他にもあと7種ほどあります。比較的、未経験者募集として求人に取り上げられる事が多いとされる職種を紹介しました。

転職し易い理由としては、
未経験採用が前提である事がほとんどであるからこそ、充実した研修制度が整っているためです。
研修期間の定めはありませんが、多くの企業では入社後はすぐに専門知識を学習し、数か月後から現場に配属されます。
配属後も3年間ほどは、教育担当に技術やプロ意識、プロジェクトマネジメントなどの考え方など、ITエンジニアとして働いていくために必要なスキルを学ぶのです。
ほとんどのIT企業では、未経験を採用し「自社で育成する」という考えがあるため、専門的でありながら未経験でもOKという事からハードルが低いとされているのです。
スキルを転職前に取得する事も必要ですが、働きながら学んでいき、職に就きながら詳しくなっていっても大丈夫という職種でもあります。

そしてITエンジニアは全てのポジションがつながっている仕事です。部品がひとつ欠けてしまうと、動かなくなる機械と同じように一人一人が重要となる職種とも言えますから、人員不足はとても致命的です。未経験でも、職に就きながら専門的に知識を得た人はとても重宝されるでしょう。

営業職の場合

営業職の仕事内容は、自社の商品・サービスの提案から、顧客(お取引先)の要望や課題解決に応える仕事です。つまり、「ビジネスの最前線を担当している」といっても過言(かごん)ではありません。

仕事の流れは次の通りです。

・顧客との商談アポイントを取る
・顧客を訪問、要望・課題のヒアリング
・要望、課題を解決する商品・サービスの提案
・受注・納品
・アフターフォローと新たな提案

以上が仕事の流れですが、アポイントを取る事はアポインターという職種の方が担う事もあります。そして、商品やサービスの特性や客によって提案方法は大きく変わってきますので要注意です。

営業職の転職活動において、確認しておくべきポイントは次の3点です。

・顧客のタイプは個人営業か、それとも法人営業か
・商品・サービスの特徴は、有形商材の商品か、それとも無形商材のサービス系か
・アプローチの方法は、新規開拓営業か、それともルート営業か

以上は、営業職をしていく中でも「合う・合わない」があるため、転職活動をする段階で比較的重要と言えるポイントでもあります。

例えば:顧客タイプは法人営業、商品は無形商材、アプローチの方法は新規開拓営業の場合

法人営業であり、新規開拓営業ですとアポイント取得の段階で、信用できないと言われる可能性もあります。これを通称、受付ブロックと表現されることが多いです。

→対処法としては、「怪しいと思われないように担当者に繋いでもらう事」。
普段からコミュニケーションのスキルが比較的高めだとアポイント取得に繋がり易いです。
無形商材を売り込む場合は、「顧客に対してどれほどの価値があるのか」を顧客に思わせる事が肝心です。つまり、言葉次第ではとても信頼のできるお取引先として特別に扱ってもらえる事もあるでしょう。

以上のように、営業職として働いていると必要になるスキルがいくつかあります。
しかし、言葉の使い方(敬語・商談の仕方)はある程度、工場で働いていれば身についています。スキルの向上をさせる場合は、企業の研修で身に着けていけば良いのです。
コミュニケーションスキルも、顧客の前で堂々と話せるようになるくらいまでスキルが備わればOKです!

販売職(接客業)の場合

販売職(接客業)は営業職と少々似ているところがあります。そして営業職よりは、販売職の方が働きやすいと思う方もいるでしょう。
もともとニーズを持ったお客様が購入にくるため未経験で営業をするのはちょっとなぁ、と不安を感じる方も挑戦し易い職種だともいえるためです。
工場経験者が転職しやすい理由とされている事は次の通りです。

・なじみやすさがあるという事
・誰でも働けるという事
・求人が比較的多いという事

挙げた内容はごく一部ですが、生活している中で商店街やコンビニなどの接客業の求人募集が店頭に貼られている光景をたまに見かけるでしょう。
販売業や接客業は、応募をする事に関してのハードルが低いとされています。そのため、転職しやすいとも言えるのです。

主な業務内容は次の通りです。

朝礼
開店
品出し(商品を出す事)
接客
休憩
レジ打ち(レジでの接客対応)
在庫管理(現在店内にある在庫の確認をすること、管理)
店内のレイアウト決め(新商品などのコーナーを新しく作る事)

大体の1日の流れは以上です。全て気を付けるべきこともありますが、その中でも「在庫管理」は比較的重要と言えるでしょう。
計算が合わないと万引きなどのトラブルも考えられるためです。
そして、確認するなどの点では工場で培ってきたスキル、経験を存分に活用できるでしょう。

転職を成功させるための方法

成功させるために、まずは「転職エージェント」に相談をしてみましょう。

一概にはいえませんが、高卒で就活をしていたときにハローワークなどの就活支援を活用したことはありませんか?ハローワークでは、地域限定などの求人が多いですが、転職エージェントは日本全国の求人を扱いながら、転職活動のサポートをしてくれます。

主にできることは次の3つです。

・マンツーマンで行われる面談
・求人紹介
・職務経歴書・履歴書の作成サポート

東京キャリアセンターでは、このほかにも「都内シェアハウス」「IT研修」などの手厚いサポートを無料で提供しています。
他のどこの転職エージェントを探しても、ここまで手厚いサービスはなかなか見つからないでしょう。

まとめ

工場勤務をしていた経験は「スキルがない」というわけでもないことをしっていますか?
例えば、細かい作業が得意であればプログラマーのような細かく文字を打つことは工場の作業に、似ているところも少なからずあります。要領は同じと考えても良いかもしれませんね。

転職活動において、「スキルがないから」と、諦める必要も全くありません。ないならこれから作っていくという、前向きな意気込みと、明るさ、元気の良さがあれば問題ないのです。
転職に必要なことはポジティブさや、やる気です!
まずは、東京キャリアセンターへ相談をしてみませんか?

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content