30歳で上京転職を成功させるコツを徹底解説!上京で抱える不安の解消法もご紹介

  • 30歳で上京しても仕事に就けるか不安
  • 30歳になって地元・親元を離れてもいいのか悩む
  • 周りは結婚・昇進してるのに自分だけ東京に夢見いいのか
このように30歳で上京したいと思っても、不安や悩みのある方は少なくありません。

しかし、結論からお伝えすると、>迷っているなら上京すべきです。

なぜ、30歳でも迷ったら上京すべきなのか、その根拠ついて詳しくご紹介します。

また、上京を悩む主な理由を3つ取り上げ、理由別に不安・悩みの解消法や上京の準備方法についても併せて解説します。

本記事を一読いただければ、上京の不安や悩みを解消し、一歩踏み出す勇気が出て、上京の準備を進められるようになります

是非最後まで一読し、30歳上京への参考にしてください!

上京したいけどお金が心配な方必見
・上京したいけど貯金がない
・都心に住みたいけど家賃高い

上京したいけれどお金面が心配でなかなか踏み出せなくて困っていませんか?
しかし、お金だけが原因で憧れの上京を諦めてしまうと、あの時上京していれば良かったという後悔は一生残ります。

後悔しないためには、「お金がかからない上京の方法」を知ることが重要。
まずは、一番お金がかかる「家賃」を見直すことから初めてみましょう。

》東京で家賃が3万円~!敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円の物件を見たい方はこちら




30歳でも上京してOK!その根拠とは?

学校を卒業し就職とともに上京するのが、上京する方のパターンとして最も多いです。

加えて、転勤や結婚などを機に上京するなど、何かしらのワーク・ライフイベントで上京する方も多いでしょう。いずれのパターンも20代の若いうちに上京することがほとんどです。

そのため、30歳になって、上京するのに臆しているという方は非常に多いでしょう。ただ、30歳になっても上京したい、上京しようか悩むなら、上京すべきです。

では、なぜ上京すべきなのか、その根拠を3つご紹介します。

 

資金力があるから

30歳になると社会人経験も長くなり、ある程度貯金ができている方は少なくないでしょう。地元で一人暮らしをしていても、地方は物価や家賃が安いので、多額の出費をせずに済みます。

上京するには多額の初期費用がかかりますが、貯金のある30歳であればスムーズに上京できると言えます。金銭面でいうと、ある程度の余裕をもって上京できるので、20代の若いうちに上京するより有利です

そして、「お金がない!」と焦って仕事を探すこともなく、ゆとりをもって転職活動できるので、上京すべきと言えるわけです。

 

30歳は仕事の経験・スキルがあるから

若いうちに上京すると、不慣れな仕事に苦労し、環境の変化も重なり、多くのストレスを抱えることになります。そして、20代後半や30代前半で東京での生活に馴染めず、地元に戻る方も少なくありません。

一方で、30歳であれば長い社会人経験があるため、ストレスを上手く消化しながら、仕事を進めていくことができます。これまでの仕事で培った経験・スキルが自分を助けてくれるわけです。

上京すると、環境の変化はありますが、仕事でのストレスが少なければ、東京に馴染めないことはありません。

働き盛りの30歳で上京しても決して遅いことはなく、逆に適応するのに十分な経験・スキルを持っているので、上京すべきと言えるでしょう。

 

30歳がラストチャンスだから

上述したとおり、20代の若いうちに上京するより、30歳で上京したほうが有利なことは多々あります。ただ、30歳を過ぎ、30代半ばまでいくと、上京するのは非常に難しくなります

その理由としては、30代半ばから転職しづらくなることが挙げられます。転職市場には「35歳の壁」が存在し、35歳を過ぎると、転職が一気に難しくなるのです

上京しても仕事が見つからない、転職できないのであれば元も子もありません。ただ、30歳であれば採用されるチャンスは大いにあり、さほど転職に苦労することもありません

「もう少し考えよう」という時間はほとんど残されていないので、迷っているなら上京すべきです!

 

上京の不安を解消する方法とは?

上京すべきだと思っても、30歳で上京するのに二の足を踏む、不安や悩みがある方は多いです。そこで、上京を悩む主な理由を3つ取り上げ、理由別に不安・悩みの解消法をご紹介しましょう。

転職できるのか、正しい情報をチェックして解消

実際に上京しても、仕事に就けるか不安ですよね。せっかく上京したのに仕事がなく、途方に暮れてしまうわないかという最悪のパターンをイメージする方もいるでしょう。

そうした転職に関する不安は、正しい情報を収集して解消してください

例えば、有効求人倍率をみてみましょう。有効求人倍率とは、求職者一人あたりに何件の求人があるかを示した指標です。

労働政策研究・研修機構の調査によると、2020年5月の東京の有効求人倍率は1.51倍となっています。ここ1年間でみると、2015年5月に2.12倍の高値を記録しており、東京には求人が非常に多くあるとわかります。

他にも、転職情報サイトや四季報などの情報雑誌を参考に正しい情報を習得するのがいいでしょう。有効求人倍率からも読み取れるように、東京で仕事見つける、転職するのはさほど難しくありません

そして30歳、働き盛りのあなたを採用したいと思う企業は多いと言えます。正しい情報から東京での転職のしやすさを理解し、不安を払拭しましょう

 

人間関係の不安はイメージチェンジで払拭

地元の友人や親戚と離れ、知らない土地で暮らすとなると不安になりますよね。

飲みにいく、遊べる友人はできるのか、悩みを相談できる環境はあるのか、人間関係を構築できるか悩む方は多いでしょう。

また、地方で育った方で多いのが、「都会の人は冷たい」というイメージです。困った時に助けてくれなかったり、他人に興味がないという印象が東京に少なからずあるでしょう。

ただ、東京には約1400万人の都民がいます。少し大げさですが、1400万人1人1人と1分話そうと思えば、約26年間かかります。

つまり、非常に多くの人が東京にはいるので、気が合う人、友人になれる人はどこにでもいると言えるわけです。

もちろん、1400万人もいれば、冷たい人、他人に興味がない人はいます。しかし都民全員が冷たいわけではありませんし、むしろ親切で、温和な人のほうが多いですそして、東京は人が非常に多いため、地方よりも多彩でオープンな人間関係を築くことができます

東京は冷たい、閉鎖的だなどのネガティブなイメージを捨て、多彩な人と関わることができる環境だと認識を変えましょう。

友人の友人に会う、SNSで繋がりを見つけるなど親しい人を見つける方法はたくさんあるので、不安がる必要は全くありません!

また、東京には地方から上京してきた人も多く集まっているため、困った時に助けてくれる友人もすぐに見つけることができますよ!

地元・親元を離れる不安は相談・小まめな連絡で解決

30年間、地元を離れず、地元で育ち仕事をしてきた方は多いでしょう。地元に愛着があり、親元を離れるのに不安があるのは当然です。

もし、上京することで地元を離れるのに不安があるなら、まずは友人や知人に相談するのがおすすめです。特に地元で仕事をしている友人、上京した友人の双方に相談するのがいいです。なぜなら、一方の意見のみに偏らないからです。

何か具体的なアドバイスがなくても、話すことで不安や悩みを解消する「カタルシス効果」を得られます。

そして、地元に残す両親や友人が心配なら、東京から小まめに連絡を取りましょう。今の時代、スマホやPCがあれば、無料のテレビチャットも利用できます。

小まめに連絡を取れば、地元の近況や両親・友人の状況など逐一聞けるので、地元を離れる不安を解消することは可能です。

 

最適な上京の準備方法!

上京すると決心がつけば、すぐに上京の準備を始めましょう。

上京して転職先を効率よく探すためには、転職エージェントである「東京エール」をご利用ください!

東京エールのサポート内容
・電話カウンセリング
・求人紹介
・履歴書添削
・面接対策

内定までのサポートを「無料」で行なっております!

30歳であっても、上京を諦める必要は全くありません!むしろ、30歳で上京したほうが、お金の余裕、長い社会人経験などから、より充実した東京ライフを送れると言えます。

上京を決心した方も、まだ迷っているという方も、まずは東京エールに登録し、無料面談に是非お越しください!あなたの上京を全面サポートします!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content