上京したいけどお金が貯まらない方必見!お金がなくても今すぐ東京に行ける方法を解説!

・上京したいけどお金がない
・浪費してしまってお金が貯まらない

このように、上京したいと考えていても、上京するためのお金がないという方は少なくありません。ただ、結論からお伝えすると、貯金がなくても上京することは可能です。

そこで、本記事では、上京するために必要な最低限のお金、貯金がない中での上京の方法についてご紹介します

本記事を一読いただければ、貯金がない中でも上京する方法を理解でき、上京に一歩踏み出せるようになります

上京に必要な情報を凝縮してお伝えするので、是非一読いただき、参考にしてくださいね!

上京に必要な最低限の費用は?

社会人歴が浅いと、貯金する余裕がないという方は少なくありません。

また、自分の趣味などに使ってしまう、飲み会などで浪費してしまうという方も多いでしょう。

ただ、上京するには、何かとお金がかかります。上京費用としては大きく以下の3つに分かれます。

・引越しなどの初期費用
・生活費
・家賃・光熱費などの固定費

では、それぞれどれほどのお金がかかるのか、解説していきましょう。

引越しなどの初期費用

上京するためには、まず住まいを探し、引越しをする必要があります。

キャリーケース片手に上京できるのであれば、引越し費用はかかりませんが、ほとんどの場合、引っ越し業者に依頼しないといけないでしょう。

単身引越しの場合の相場は以下のとおりです。

・東京から200km圏内:約40,000円〜70,000円
・〜東京から500km圏内:約50,000円〜90,000円
・〜東京から500km以上:60,000円〜11,0000円

引越し費用は、距離、荷物の多さ、繁閑時期により差があります。ただ、目安としては上述のとおりで、多額の費用がかかります。

また、住まいが見つかり賃貸契約を結ぶと、敷金・礼金を支払う必要が出てきます。敷金・礼金は「家賃の1ヶ月から2ヶ月分」が相場です。

家賃によりますが、敷金・礼金も数万円が必要で、大きな負担になります。

そして、家具などの購入費を合わせると、少なくとも30万円〜70万円程度は初期費用として必要になるでしょう。

生活費

東京は物価が高いことで有名です。

では、一般的に東京における生活費はどれほどかかるのか、総務省の調査*を参考に見ていきましょう。

・食費:41,581円
・通信費:7,112円
・娯楽費:19,458円

合計:68,151円
※総務省のデータ(全国平均)×東京の物価指数で算出(家賃を除く)

東京で一人暮らしするには、約7万円かかります。この金額はあくまで必要最低限の出費で、交通費や被服費、交際費などがかかるとすると、9万円程度はかかると思ったほうがいいでしょう。

ただ、生活費は節約次第で、削減することができます。上手く節約すれば、自分の給料だけで生活していくことは十分可能でしょう!

**総務省「2019年 家計調査 家計収支編 単身世帯」

家賃・光熱費などの固定費

東京で一人暮らしをするのに、最も負担になるのが家賃・光熱費などの固定費です。東京は地方よりも家賃がかなり高く、出費が大きくなります。

東京でかかる家賃・光熱費の平均金額は以下のとおりです。

・家賃(1K):48,190円
・光熱・水道費:11,652円

合計:59,842円

つまり、家賃・光熱費だけでも約6万円はかかるというわけです。固定で毎月の出費になるので、かなりの負担になることがわかりますよね。

もちろん、家賃の安い物件を借りれば、出費はある程度抑えられますが、それでも東京での一人暮らしには多額のお金が必要になるといえます。

[参考] 全国賃貸管理ビジネス協会「全国家賃動向」

上京するのに最低限必要なお金は50万円程度

初期費用、生活費、固定費を合わせると、上京に必要な最低限のお金は50万円程度でしょう。

ただ、金融広報中央委員会の調査*によると、20代単身者の貯金額の中央値は5万円で、20代独身のほとんどの方が貯金できていないことがわかっています。

こうした状況を考えると、20代や30代前半の方で50万円のお金を準備するのが難しいという方はかなり多いでしょう。

つまり、上京するには多額のお金が必要になりますが、準備できている方は少ないというわけです。

一方で、こうした中でも、上京をしている方は非常に多いです。では実際にどのような方法で上京しているのか、次項でご紹介します。

金融広報中央委員会*「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」

貯金できていない中で上京するには?

結論からお伝えすると、上京するのに必要なお金がないからといって、上京するのを諦める必要はありません
実際に、貯金をしていない方でも上京している方は大勢いらっしゃいます。

では、どのようにすれば貯金がない中で上京することができるのか、その方法を3つご紹介します。

現実的な方法としては3つ目に挙げる方法ですが、まずは順に一読してみてくださいね!

ある程度貯金する

まず、お金がない中で上京する方法としては、貯金をしていくことが挙げられます。

上京には多額の費用がかかりますが、まずは初期費用を貯めることを考えましょう。
目安としてはだいたい40万円程度です

貯金の方法としては、節約することが最も近道です。

転職など、どのような方法をとっても、収入が劇的に増えることは望めませんので、出費を絞るのが断然いいでしょう。

具体的には、家計簿をつけて削れる出費を洗い出し、節約していくのがおすすめです。
月に3万円強の貯金ができれば、1年で初期費用の40万円は準備できるでしょう。

ただ、ある程度貯金してからの上京には、年単位で時間がかかるので、長期スパンで上京の計画を進める必要があります

親族の援助を受ける

貯金ができる状況にない、すぐにでも上京したいという方は、親族からの援助に頼れないか、検討してみるのも一つの方法です

実際に、親族の援助を受けて上京をしたという若い方は少なくありません。

そのため、もし可能であれば、親族に上京したい気持ちを伝え、援助をしてもらえないか、確認してみましょう。

二つ返事で援助してもらえるというのは難しいかもしれませんが、コミュニケーションを重ねることで、可能性が出てくることもあります。

ただ、それぞれのご家庭のご状況などもあるため、無理に勧められる方法ではありません。

上京支援サービスを利用する

貯金をすること、親族からの援助に頼ることが難しいという場合は、上京支援サービスを利用しましょう
貯金がない中で上京するには、最も現実的な方法です

上京支援サービスとは、上京する方の住まいや仕事、生活をサポートしてくれるサービスです

上京支援サービスには、

・都内のマンションに無料で住めるサービス
・転職活動サポートなどのサービス

があります。

上京支援サービスを利用すれば、引越し費用や賃貸の敷金・礼金、家賃・光熱費がかからず、上京の初期費用、固定費は必要なくなります

そして、東京ですぐに仕事を見つけることができれば、生活費はその給料から捻出できるようになるでしょう

つまり、上京支援サービスを利用すれば、今貯金がなくても、すぐに上京をすることができるようになるというわけです。

上京支援サービスの利用は、上京を叶えるのに最も現実的な方法なので、非常におすすめです!

おすすめの上京支援サービス!

ここまで貯金がない中で上京する方法をご紹介しました。上述したとおり、その中でも最もおすすめの方法が上京支援サービスを利用することです。

そして、おすすめの上京支援サービスが「東京エール」です
東京エールは都内で無料で住めるシェアハウスを提供しています。

加えて、転職活動のサポートを行なっており、転職における相談や求人紹介、面接対策、書類添削などを行なっており、転職活動をトータルサポートしています。

つまり、東京エールを利用すれば、貯金がない中でも、住まいと仕事が見つかるというわけです。

貯金がなく、上京を諦めそうになっている方、上京に不安を抱えている方は、是非一度ご相談ください!

LINEでもご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね!

東京での住まい、仕事、生活を全力サポートするので、是非一緒に夢の東京ライフを掴みましょう!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content