【体験談あり】東京に上京して辛いと感じる時や対処法5選を徹底解説

東京に憧れているけど、上京して後悔しないか不安
東京に行きたい気持ちはあるけど、不安を感じている
東京で辛い思いをしないだろうか?

上京しようと考えつつも、東京で辛い思いをしてしまうのではないか?と不安になっている人も多いでしょう。
確かに東京は楽しいだけの場所ではありません。

しかし対処法を知っていれば、東京での辛さを乗り越えられます。

本記事では

「上京して感じた辛い思い」
「辛いと感じたときの対処法」
をお伝えします。

本記事を読めば東京で感じるであろう辛さを先に知り、対処法を用意できます。
辛さと対処法さえ分かれば、上京への不安が小さくなります。東京へ行こうか迷っている人は、是非参考にしてください。

上京して辛いと感じる理由5選

上京したいと思いつつも「東京で辛い思いをしてしまうのではないか?」と不安になる人も多いでしょう。

では上京した人たちが辛いと感じた理由は何でしょうか?
上京して辛いと感じる理由は以下5つです。

ホームシックになる
生活費が高い
毎日の満員電車が辛い
方言を笑われてしまった
仕事が合わない

いずれも生活や仕事に関わることが挙がっています。それぞれ順番に紹介します。

ホームシックになる

上京してしばらく経つと、ホームシックになってしまうことがあるでしょう。理由は、近くに頼れる人がいないからです。

上京したばかりの頃は、東京での生活に慣れず不安な日々を過ごすことになるでしょう。
そんな中、頼れる友人や家族が近くにいないことで、余計ホームシックになりやすくなってしまいます。

生活費が高い

地方から上京してきた人が驚くのは「生活費の高さ」が挙がります。
東京は地方に比べると物価が高い傾向にあり、ランチを食べるだけでも1,000円を超えてしまうことが当たり前にあります。

また一人暮らしが始まると、水道光熱費も自分で払う必要があります。意識せずに地元にいた頃と同じ感覚でお金を使ってしまうと、生活できなってしまったということもあり得るでしょう。

毎日の満員電車が辛い

毎日の通勤で満員電車に乗ることが辛いと感じる人が多いでしょう。それほど満員電車はストレスになるからです。

満員電車に慣れないうちは

全然座れない
他人との距離が近い
人が多すぎで体を動かせない

上記のような状態が辛く感じます。
東京に住んでいる人で、満員電車が好きな人はいません。しかし慣れないうちは、想像以上に辛く感じてしまうでしょう。

方言を笑われてしまった

上京すると方言が恥ずかしいと思ってしまうかもしれません。自分では標準語だと思っていた言葉が方言だと分かってしまうからです。

今まで使っていた言葉が使いづらくなる
常に標準語を意識し、無理して話してしまう

今までは気にしてなかったことに気を使うようになる人もいるでしょう。
また自分では標準語だと思っていた言葉が方言だと知ってしまうと、急に恥ずかしくなり上京を後悔してしまうことにも繋がります。

仕事が合わない

仕事・職場が合わないと辛く感じてしまうことでしょう。

地方と東京では求人数が違うので、仕事が見つからないといった心配は少なくなります。
しかし自身が想像していた仕事とギャップがある場合、辛いと感じてしまいます。

あなたが何を重視しているのかによりますが、思ったような仕事ができないと辛さを余計に感じてしまいます

東京で辛いと感じたときの対処法

上京して辛いと感じる理由を5つお伝えしました。ここまでを読むと「やっぱり東京に行くと辛い思いをしてしまうのか」と思われてしまうかもしれません。

しかしご安心ください。何事にも対処法がありますので、東京で辛いと感じたときの対処法を紹介します。

ホームシックになったときの対処法

ホームシックになったときの対処法は以下の通りです。

定期的に家族や友人に連絡をとる
東京に行く目標を決める
東京で友人を作る

家族や友人に連絡をとると、励ましてくれたりと安心することできます。応援してくれる人と話をするだけで前向きな気持ちになれます。

また東京に来た目標を決めたり友人を作ることで、東京での生活が充実します。
ホームシックになってしまうのは仕方ないことなので、前向きな気持ちになれるような環境を作りましょう。

生活費を下げるための対処法

生活費を下げるためには、「固定費」を下げましょう。具体的には以下の3つです。

家賃の安い地域に住む
格安SIMスマホに変える
安いガス・電気に切り替える

上記はいずれも最初は手間がかかりますが、一度変えてしまえば固定費をずっと抑えることができます。
生活費を下げるというと食費や雑費を減らすことを想像しがちですが、実は固定費の見直しが最も有効です。

固定費を下げても生活の質は大きく変わらないので、生活費を下げたいなら固定費を安くすることを意識してみてください。

毎日の満員電車が辛いときの対処法

東京で働くなら満員電車は避けられません。満員電車が辛いときの対処法は以下の通りです。

通勤ラッシュの時間帯を避ける
人の少ない車両に乗る

通勤ラッシュの時間帯は乗車する人が最も多いため、1時間乗る時間をずらすだけでも混雑状況が変わります。また階段やエスカレーターが近い車両はより混みやすいですが、他の車両なら空いていることが多いです。

乗る時間や乗る場所を変えることで、満員電車のストレスを軽くしましょう。

方言が気になるときの対処法

方言が気になるときの対処法は以下の通りです。

方言を出さないように気をつけて、標準語が馴染むまで待つ
方言を全面に出すキャラにする

標準語で話すように気をつけると不思議と慣れてきます。最初は意識しないと方言が出てしまうため大変ですが、慣れてくると意識せずとも標準語が話せるようになっています

しかし一番楽なのは、言を気にせず話すことです。方言は恥ずかしいことではないですし、会話のきっかけになったり、人に覚えてもらう特徴にもなるので強みとして捉えると気持ちが軽くなりますよ。

仕事が合わないと感じたときの対処法

東京は地方に比べて求人数が多いので、仕事に困ることは比較的少ない傾向です。しかし選んだ仕事が合わないこともあります。仕事が合わないときの対処法は以下の通りです。

労働環境が悪ければ転職する
なんとなくで仕事を決めない

東京には求人が多くあります。そのため「求人がまったくない」という状況は少ないでしょう。
もし勤め先の労働環境が悪ければ、転職をおすすめします。環境の悪いところで我慢して働き続ける意味はないからです。

しかしなんとなくで次の仕事を選んでしまうと、違う理由で辞めたくなってしまうかもしれません。
特にやりたい仕事がなくても、「これだけは譲れない」という軸を決めて転職先を探すようにしてください。

「上京への不安」は「知らないこと」への不安

東京というだけで「東京は怖い」という印象を持つ人もいるでしょう。しかしそれは東京に行ったことがないからです。

東京に行ったことがないのなら、先に上京した方々の声を聞くことで対処法が分かります。対処法が分かれば、上京への不安を小さくすることもできます。

上京すると、大なり小なり辛いと感じることがあるでしょう。しかし漠然とした不安だけが先行してしまうと、せっかくの東京生活が楽しめないものになってしまいます。

あなたが辛いと感じてしまいそうなことの対処法を知って、東京生活を少しでも良くしましょう。

東京にいる人はあなたと同じく地方の人が多い

地方から上京することに不安を感じている人も多いでしょう。
しかし地方だからといって不安になる必要はありません。なぜなら東京で生活している人の多くは、あなたと同じ地方から来た人だからです。

東京は人や仕事が集まりやすい場所で、今東京にいる人が全員東京で生まれ育ったわけではありません。あなたと同じく、地方から来た人たちが東京で生活しています。

「東京だから」と不安にならず、あなたも「東京で生活する一員になる」くらいの気持ちでいれば、上京への不安も軽くなりますよ。

「東京キャリアセンター」という上京支援サービスを使えば1ヶ月無料でシェアハウスに住むことができます。あなたと同じく上京したい人と知り合えるので、心強い仲間がきっと見つかります。

まとめ

以上が、

「上京して感じた辛い思い」
「辛いと感じたときの対処法」
でした。

「上京すると後悔してしまうのではないか?」と不安な人も多いでしょう。
確かに東京に来たことで後悔してしまうこともあるでしょうが、対処法さえ知っていれば大丈夫です。

上京への不安は「知る」ことで解消できます。
まだ東京へ行くことに不安を感じている人は、本記事の対処法を覚えて、上京への不安を軽くしましょう。

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content