エンジニア向いていないから辞めたい!失敗しない対処法やオススメの転職先をご紹介

なかなか給料が上がらない
毎日同じことの繰り返しで成長を感じづらい
エンジニアを辞めようか迷っている
自分はエンジニアに向いていないのかもしれない
辞めても後悔しないだろうか?

エンジニアを辞めようか迷っている人も多いでしょう。
しかし今の会社を辞めて後悔しないか、不安になっていませんか?

結論、エンジニアを辞めても大丈夫です。
しかし「会社が合っていないのか」「エンジニアが合っていないのか」を見極めた上で、次の行動を起こしましょう。

本記事では

「エンジニアを辞めたい主な理由」
「辞めたほうがいい会社の特徴」
「エンジニアに向いていない人の特徴」
をお伝えします。

本記事を読めば、辞めるべき会社とエンジニアに向いていない人の特徴が分かります。
自分の進むべき方向が分かるので、今の会社で消耗したくない人はぜひ参考にしてください。

エンジニアを辞めたくなる理由5選

エンジニアを辞めたくなる理由は、以下の5つです。

給料が上がらない
スキルアップが見込めない
人間関係の悩み
残業や休日出勤が多い
プライベートを制限される
エンジニアを辞めたい理由の多くは、働く環境が劣悪だったり、将来性を感じられなかったりする場合が多いです。
それぞれ解説します。

給料が上がらない

エンジニアを辞める理由で、最も多いのは給料に関することです。
お金がすべてではありませんが、長年勤めても給料が変わらないままだと、モチベーションは下がる一方でしょう。

役職が上がったとしても給料が上がらなければ納得いかず、辞めたくなってしまいますよね。
つまり仕事に見合った給料をもらえないことから、エンジニアを辞めることを検討してしまいます。

エンジニアを続けるかどうか、給料は重要な判断材料になるでしょう。

スキルアップが見込めない

エンジニアを辞めたい理由として、スキルアップが見込めないことが挙げられます。
スキルアップはエンジニアにとって最重要だからです。

エンジニアはスキルがすべてと言っても過言ではありません。
「スキル=市場価値」となるので、スキルアップが図れないと市場価値の低いエンジニアになってしまいます。

そのため特に20代の若いエンジニアほど、スキルアップできない職場では働きたくないと考えるでしょう。

人間関係の悩み

エンジニアに限った話ではないですが、人間関係も辞める検討材料になるでしょう。
エンジニアには独特な人が多いからです。

どんな職場にも「癖のある人」「独特な人」はいるものです。
しかしエンジニアの場合は顕著で

隣に座っているのにチャットで会話する
話しかけても会話が弾まない
考え方の癖が強くて、仕事を進めづらい
上記のように、エンジニア特有の悩みがあります。
個性の強い人が多いため、人間関係に悩むこともあるでしょう。

残業や休日出勤が多い

担当する案件によっては、残業や休日出勤が多くなってしまうでしょう。
なぜなら、どんな案件にも納期があるからです。

エンジニアの仕事はお客様の都合ありきなので、納期を必ず守らなければいけません。
すべてが順調に進めば良いですが、間に合わない場合は残業や休日出勤でカバーすることになってしまいます。

多少なら許容範囲でしょうが、行き過ぎると辞めたくなる要因となりますよね。

プライベートを制限される

プライベートの干渉が強い会社で働いていると、エンジニアを辞める理由になるでしょう。
具体的には、以下のような制限があります。

SNSの禁止
他のエンジニアとの交流禁止
外部の交流会禁止
「会社の機密情報を漏洩させないため」と謳っている会社もありますが、実際はエンジニアの囲い込みを狙っている場合が多いです。

仕事はプライベートを充実させるための手段なので、プライベートへの干渉が強いと会社を辞めようと考えてしまうでしょう。

辞めたほうがいい会社の特徴

辞めたほうがいい会社には、以下の特徴が当てはまります。

古い言語を使っている
SNS禁止の会社
仕事に見合った給料がもらえない
上記特徴が当てはまるのなら、少しでも早く辞めたほうが良いでしょう。
なぜなら、将来性が低いからです。

日々IT技術は進歩していくのに、扱う言語が古いままだと最新のテクノロジーについていけなくなってしまいます。
またSNSを禁止にしている会社は、他社からの引き抜きや給料などの福利厚生の薄さを悟られないためである可能性が高いです。

今後も改善は見込めないため、3つの特徴に当てはまる会社は早めに辞めましょう。

辞めたい理由は環境のせいかもしれない

エンジニアを辞めたい理由が

給料が上がらない
残業や休日出勤が多い
上記である場合、エンジニアが辛いのではなく、働く環境が劣悪なだけかもしれません
「プログラミングが好き」「新しいIT技術に興味が強い」と感じるなら、あなたはエンジニアに向いていると言えます。

そのためエンジニアを辞めたい理由が福利厚生の場合は、会社を変えると解決できるでしょう。

エンジニア自体を辞めた後はどうする?

もしエンジニアの仕事が辛いと感じるなら、思い切ってエンジニアを辞めましょう。
エンジニアを辞めても、働ける会社はたくさんあるので大丈夫です。

例えば、未経験でも以下の職種に転職することもできます。

営業職
事務職
施工管理職
「エンジニアの経験を活かせないのでは?」と思われるかもしれません。
しかしいずれも未経験から目指せる職種ですので、エンジニアからでも転職は可能です。

エンジニア以外にも仕事はあるので、「自分はエンジニアに向いていいないかもしれない」と感じたら、自分に合った仕事を探しましょう

ではどんな人がエンジニアに向いていないのか?
エンジニアに向いていない人の特徴を説明します。

エンジニアに向いてない人の特徴3つ

エンジニアはすべての人に向いている仕事ではないと知っておきましょう。

プログラミングが嫌い
地味な作業が苦手
勉強を続けるのが苦手
上記の特徴が当てはまるなら、あなたはエンジニアに向いていないかもしれません。
その場合は無理せず、別の職種に転職することを検討してみましょう。
自分の適性を考えることで、より豊かな生活を送れるようになりますよ。

プログラミングが嫌い

当然ですがプログラミング自体が嫌いなら、エンジニア以外の職種に変えましょう。
エンジニアの仕事の大半は、プログラミングがメインだからです。

プログラミングが仕事のすべてではないですが、大半の仕事はプログラミングが占めています。
プログラミング自体が嫌いだと、仕事自体が嫌になり、良い仕事はできないでしょう。

そのためプログラミング自体に興味を持てない場合は、別の職種に転職することをおすすめします。

地味な作業が苦手

地味な作業が苦痛に感じる人は、エンジニアに向いていません。
理由は、システム開発は地味な作業の繰り返しだからです。

エンジニアの仕事は目に見えにくく、サポートや地味な作業が多いです。
例えば、システムが正常に動くかのテストや、トライ&エラーの繰り返しといった内容になります。

地道に作業を続けられる人でなければ、エンジニアの仕事を続けるのは難しいでしょう。

勉強を続けるのが苦手

勉強を続けられない人は、エンジニアを続けるのは難しいと言えるでしょう。
IT技術は常に進歩しているので、ついていけなくなるからです。

IT業界は変化のスピードが早く、新しく学んだ技術が3ヶ月後には古くなっていることも起こりえます。
そのため常に勉強し、新しい技術への興味を持ち続けられることが、優秀なエンジニアでいる素質です。

もし「新しい技術に興味を持てない」と思ってしまうなら、エンジニア以外の職種を選ぶことを検討したほうが良いでしょう。

エンジニア以外の職種に転職する選択肢

エンジニアを辞めることは、悪いことではありません。
なぜなら、向いていないことを続けても幸せになれないからです。

仕事は人生を豊かにするための手段なので、仕事によって人生を不幸にしてしまっては元も子もありません。
あなたに合った仕事を見つけることが、より充実した毎日を送るための秘訣です。

そのためエンジニアが向いていないと思ったら、エンジニア以外の職種にも目を向けてみましょう。

仕事を辞めたいと思ったら転職エージェントを利用する

今の仕事を辞めたいと思ったら、まずは転職エージェントを利用することから始めましょう。
一人で転職活動するよりも、転職成功率が上がるからです。

職種はエンジニアのまま、会社だけ変えたい
未経験だけど、エンジニア以外の職種に転職したい
上記のような場合でも、転職エージェントならあなたの要望に応えてくれます。
東京エールなら「東京キャリアセンター」という、転職支援サービスがあります。

  • 履歴書や職務経歴書の作成サポート
  • 面接対策
  • 未経験でも安心のスキル研修

専任のキャリアカウンセラーが転職活動をサポートしてくれますので、安心して次のステップへ進めますよ。

転職エージェントを利用して、今よりも充実した環境を叶えましょう。

まとめ

以上が

「エンジニアを辞めたい主な理由」
「辞めたほうがいい会社の特徴」
「エンジニアに向いていない人の特徴」
でした。

エンジニアを辞めたい理由はさまざまですが、大きく分けて以下2つの理由があります。

働く環境が悪い
エンジニア自体に向いていない
環境だけが悪いのなら、会社を変えるだけで済みます。
しかしエンジニア自体が向いていない場合があるので、あなたが「どちらの理由で辞めたいのか?」を知ることが重要です。

会社やエンジニアを辞めることは悪いことではありません。
今の会社・エンジニアという職種に限界を感じたら、東京エールに相談してみましょう。

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content