面接で通りやすいエンジニアの転職理由の答え方を徹底解説!NG例もご紹介

・面接でどう転職理由を話せばいいか分からない
・転職理由を話す際のポイントが分からない
このように考える方は少なくありません。

転職活動において、面接をはじめ、転職理由を話す場面は多いです。
できる限り、魅力的な答えをして評価を高めたいと思いますよね。

そこで、本記事ではエンジニアの主な転職理由、面接で転職理由を話す際のポイントなどをご紹介します

本記事を一読いただければ、転職理由をより明確にでき、面接で高評価を得られる伝え方を把握できます

転職活動、面接をスムーズに進めていくためにも、是非一読頂き、参考にしてくださいね!

エンジニアの転職理由5選

エンジニアは転職市場全体でみても、転職回数が多いです専門性が高く、市場価値も高いため、転職回数が多くても不利になりづらいという特徴をエンジニアは有しているからです。

ただ、転職回数が多くても、転職理由として多いのは主に5つです。ではどのような転職理由が多いのか、まずはご紹介します。

待遇面での不満

エンジニアの転職理由で最も多いのが、給料や評価などの待遇面での不満です。

エンジニアは専門性や希少価値の高さから、他職種と比較しても、待遇が良いケースが多いです。また、個人で行う業務が多く、成果が分かりやすいため、評価されやすいという一面もあります。

それに対して、給与や評価が低いと、不満に感じるケースは少なくありません。そのため、評価をきちんとしてもらいたい、給与をアップさせたいと考え転職する方が非常に多いというわけです。

休日・休暇の少なさ、残業時間の多さ

エンジニアはその専門性の高さから、その人以外ではできない仕事、属人的な仕事も多くあります。

そのため、トラブルが起きた際、休日や就業時間後であっても、対応しないといけないというケースが多くあります。

また、納期などに追われても、他のエンジニアに仕事を任せることができないことから、休みをしっかりとることができないこともあります。

こうした場合、休日・休暇の少なさ、残業時間の多さを理由に転職をする方は多いです。

人間関係の不満

エンジニアは、基本的に社内で仕事をするため、会社の上司、同僚と人間関係が密になりやすいです。

もちろん、上司や同僚、部下といい関係性を築ければ良いですが、全ての人間関係で上手く良くわけではないでしょう。
人間関係は、仕事をスムーズに進める上での重要な要素になり、人間関係が悪いと、仕事に支障が出たり、ストレスを抱えることになります。

そのため、人間関係がきっかけで転職する方は少なくないです

キャリアアップ

エンジニアそれぞれの役割は多種多様で、業務内容も異なります。そのため、キャリアアップするためには、それら多様な仕事を経験することが重要です。

しかし、会社によっては、エンジニアそれぞれに固定の仕事を任せ続ける、個人のキャリアアップへの興味が薄いというケースが少なくありません。

そうすると、上手く経験が積めず、エンジニアとしての専門性・スキルを伸ばすことができなくなってしまいます

そこで、経験をしっかり積んでいきたいと転職をする方も多いです

会社の将来性への不安

業績悪化や経営方針への不信感等も転職理由として多いです。

会社の将来性が見えないと、自分自身のキャリアも不透明になり不安を抱えることになります。
「ずっとこの会社で働いていて大丈夫なのか?」と考えながら仕事をするのは、非常にストレスですよね。

そのため、会社の将来性に不安が、転職のきっかけになるという場合も多いというわけです。

面接でNGな転職理由の伝え方2選

上記では、エンジニアの転職理由として多いものをご紹介しました。

ややネガティブな転職理由が多いですが、面接での転職理由の伝え方によっては、評価が低くなる恐れがあります。

そして、それが採否を決定づけてしまうこともあります

そこで、ここではこれだけは避けたい、面接でNGな転職理由の伝え方を厳選して2つご紹介します。

現職・前職に対する不満

必ずしもポジティブな転職理由ではない場合もあるでしょう。

「給与が低いと感じた」
「休日・休暇が少なく、転職した」

など、ネガティブな理由で転職することも多いはずです

しかし、面接の場で、現職・前職に対する不満を転職理由として話すのはNGです

前職・現職の不満を語る人を企業は採用したいと思うでしょうか?答えはNOです。

もちろん、嘘をつく必要はありませんが、不満ばかりにならないように気を付けるのは、低評価を受けないためにも、非常に重要と言えます

後ほど、評価が高くなる言い換え方をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

他責な言葉

会社の将来性や上司・同僚との人間関係などが理由で転職するという方は少なくありません。転職を考えるきっかけとしては、そうした外的要因のほうがむしろ多いです。

ただ、だからといって他責に感じるような言葉を面接で話すのはNGです

例えば、

「上司のマネジメントが悪く、仕事もスムーズに進められなかった」
「会社の経営方針が間違っているため、将来性がないと感じた」

などです。

やや、極端な例を出しましたが、面接官に「あなた自身が多少努力すればよかったのでは?」と思われると、高評価を受けることは難しくなります。

そのため、他責の言葉にならないよう気を付け、あくまで自分自身に矢印を向けて話すようにするのがおすすめです

転職理由を話す時に、無意識に他責な言葉が出てしまうケースも散見されるので、注意してくださいね。

高評価が得られる!面接での転職理由3つのポイント

ここまで面接でNGな転職理由の伝え方をご紹介しましたが、ではどのような伝え方であれば高評価を得られるかご紹介します。

転職理由は採否を左右する質問だと言っても過言ではありません。以下ご紹介するポイントを網羅すれば、きちんと高評価を受けられるので、是非参考にしてくださいね!

ポジティブな表現を用いる

現職、前職に不満があり、転職する場合でも、ポジティブな言葉に換えて話すようにしましょう

例えば、「給与に不満がある」、「人間関係が悪い」という理由の場合、前者は「自分が挙げた成果を実感しながら仕事を進めていきたい」、後者は「皆と協力し、気持ちよく働いていきたい」などに言い換えることです。

あくまで、過去の不満を話すのではなく、その会社に入ったことをイメージして話すのがいいです

つまり、不満が原因で転職するといっても、その不満がどのようになればいいか、考えて転職理由にしていくのがいいというわけです

退職理由ではなく、転職理由を伝える

転職理由は、退職理由ではありません。退職理由とは「なぜ前職を辞めたのか、現職を辞めるのか」というものであり、転職理由は「なぜ転職するのか、転職してどうなりたいのか」というものです。

つまり、退職理由は「過去」であり、転職理由は「未来も含む」というわけです

そのため、転職理由は、退職理由とこれからどうなりたいかを含めて話すようにしましょう。

例えば、エンジニアとしてどう成長したいか、会社にどう貢献したいか、どのような専門性・スキルを身に付けていきたいかなどです。

どうなりたいかを含めることで、よりポジティブな転職理由になります

どのような仕事をしたいか含める

その会社に入って、どのような仕事をしたいかを転職理由に含めましょう。採用企業は、あなたが何をしたいのかを非常に注目しています。

他方、どのような仕事をしたいかを考える際は、採用企業が何を求めているのか、どのような仕事があるのかと関連させられるよう、求人票などで確認するのがおすすめです

その会社ではできない仕事をしてみたいと話しても、的外れになってしまいます。

会社情報をきちんと捉え、「その会社でできる仕事でやってみたい仕事」を話せるよう、考えるのがおすすめです。

エンジニアの転職は転職エージェントの利用がおすすめ!

転職理由のNGな伝え方や伝える際のポイントなどについて、ご紹介してきました。

採用企業が転職理由を質問するのは「なぜ今の会社ではなく、うちの会社なのか」、「どのような目標やキャリアプランがあるのか」を聞きたいからです。

その質問理由にマッチした回答ができるよう、上記でご紹介したポイントに注意しながら転職理由を考えてみてくださいね!

そして、もし良い転職理由が思いつかない、面接で少しでも高評価が得たいなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントであれば、採用企業に高評価が得られる転職理由を一緒に考えてくれます。

そして、中でもおすすめな転職エージェントが「東京エール」です。

「東京エール」は転職理由を一緒に考えるだけでなく、求人の紹介や書類の添削、面接対策など、サポート体制が非常に充実しています。

また、エンジニアの求人を非常に豊富に保有しているので、希望する条件の求人が見つかりやすいのもおすすめの理由です。

よりよい条件で転職をするなら「東京エール」をご利用ください!まずはお気軽に、無料面談からスタートできます。

希望の転職を叶えるために、全力でサポートします!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content