10年後になくなる仕事とは?なくなる仕事の特徴や今後も安定する仕事をご紹介

AIの発達によって仕事がなくなると聞いた
自分の仕事は大丈夫だろうか…
これから先もなくならない仕事ってどんな仕事?
AI(人工知能)の発達により、私たちの生活はより便利になると予想できます。
しかし一方で、このままAIが発達すると「将来なくなる仕事」が出てくるとも言われています。

「今の仕事がAIにとられてしまうかも…」
そう思うと、「自分の仕事は大丈夫だろうか?」と不安になってしまいますよね。

本記事では

『将来なくなる仕事となくならない仕事』
『新しく生まれる仕事』
『なくならない仕事の共通点』
をお伝えします。

変化の激しい時代の中、安定した生活を送りたい人は参考にしてください。
将来を予想することで、不安を軽くできますよ。

AIによって仕事は奪われてしまうのか?

AIにより仕事が奪われてしまうのか、不安に思っている人もいるでしょう。
結論、AIによってなくなってしまう仕事はあります。

2015年にオックスフォード大学と野村総合研究所が、10〜20年後になくなるかもしれない仕事について発表されました。
発表された資料によると、以下のような記載があります。

日本の労働人口の約 49%が就いている職業において、それらに代替することが可能
引用:株式会社野村総合研究所

もちろんあくまで仮説なので、未来については誰にも分かりません。

しかしIT技術の進歩により、AIが私たちの仕事を奪ってしまう可能性が出始めました。
ではどんな仕事がなくなるのか?
次で詳しく解説していきます。

将来なくなる仕事

将来なくなると言われている仕事は多数ありますが、本記事では一部を紹介します。
具体的には、以下の仕事がなくなると予想されています。

事務職(一般・医療・学校)
案内・受付(ホテル・銀行窓口)
クレジットカード・保険の査定担当
電車運転士・タクシー運転士
小売店販売員
一部ですが、いずれもAIに代替される可能性が高い仕事です。
受付業務などにAIを導入している企業もあり、すでにAIによって代替され始めています。

また自動運転技術の開発も進んでいて、いずれはタクシー運転手に取って代わる日も近いでしょう。
そうなると電車の運転に展開されるのも、容易に想像できます。

将来なくならない仕事

将来なくなるかもしれない仕事を紹介しました。
しかし一方で、将来なくならない仕事もあります。

具体的には、以下のような仕事は将来もなくならないと言われています。

カウンセラー
エンジニア
データサイエンティスト
営業
コンサルタント
営業やコンサルタントは、相手のニーズを引き出したり、相手も気づいていないような課題を見つけるスキルが必要です。
カウンセラーも同様、高度なコミュニケーションが求められるので、AIが代替するのは難しいと言えます。

エンジニアやデータサイエンティストは「AIを利用する側の仕事」なので、AIが取って代わることはできません。
このように「AIに向いていない仕事」「AIを利用する側」の仕事は、将来も残り続ける可能性が高いです。

新しく生まれる仕事

AIによってなくなる可能性の高い仕事もあるので、AIに対してネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。

しかしAIの発達はネガティブなことばかりではありません。
なぜなら新しい技術により、新しく生まれる仕事もあるからです。

AIの発展により、以下のような仕事が生まれる可能性があります。

ロボットアドバイザー
AIエンジニア
AIプランナー
輸送アナリスト
いずれも2020年現在、一般的ではない仕事ばかりです。
過去、IT技術技術の進歩により「エンジニア」などの新しい仕事が生まれました。

AIも同様に、発達することで新しい仕事が生まれる期待ができます。

将来も残る仕事の特徴|なくなる仕事には共通点がある

ここまで「なくなる仕事」と「なくならない仕事」を紹介しました。
特に「将来もなくならない仕事」に興味を持たれた人も多いでしょう。

では「なくならない仕事」に共通していることは何なのか?
具体的には、以下の5つが「なくならない仕事」に共通しています。

高いコミュニケーション能力
臨機応変さ
クリエイティブ
マネジメント
ホスピタリティ
いずれも「計算的ではない・統計的ではない」点が特徴として挙げられます。
また株式会社野村総合研究所が発表した資料にも、以下の説明がされています。

芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい傾向があります。
引用:株式会社野村総合研究所

つまりAIが苦手とする分野の仕事なら、仕事を代替されないでしょう。

ロボットに代替される仕事の今後は厳しい

AIの発展により、ロボットの開発が進んでいます。
掃除用ロボットは、すでに一般家庭でも普及していますよね。

ここままロボットが普及すると、一部の仕事は代替されてしまう可能性が高いです。
理由は、単純作業や正確性ならロボットのほうが優秀だからです。

製造業などの工場では、製造作業用のロボットの導入が進んでいます。
人を雇うよりも低コストですし、何よりミス無く働いてくれます。

ロボットに代替されるような仕事は、今後なくなっていくのだと思っておきましょう。

医療は将来なくなる仕事か?

AIによってなくなる仕事や、ロボットに代替される仕事のイメージはできたかと思います。
そこで1点気になるのは、医療に関わる仕事は将来なくなるのか?についてです。

結論、医療の仕事は将来もなくならないと言えます。
理由は、臨機応変に対応しなければいけない仕事だからです。

看護師
医者
薬剤師
介護士
保育士
上記のような仕事は、小さな変化に気づいて対応しなければいけません。
特に医者や看護師・介護士は、患者や利用者の状態を常にチェックし、臨機応変に対処する必要があります。

また保育士は、何をするか分からない子供の世話をする仕事なので、AIでは予測しづらいでしょう。
薬剤師もただ薬を処方すればいいのではなく、患者の状態に合わせた処方や接客が必要なので、AIやロボットでは代替しにくい仕事です。

医療の仕事は「臨機応変かつ複雑な技術と知識」が求められるので、将来も安定した仕事だと言えます。

20年後も安定して生活できる仕事を選ぼう

私たちの生活は、IT技術の進歩により便利になっています。
今後もより便利な世の中になっていくでしょう。

しかしAIの発展で仕事がなくなるかもしれないので、仕事は将来を予想して選ぶようにしてください。
今の仕事が、将来なくなってしまうかもしれないからです。

時代は常に進歩しているので、何もしないまま過ごすと仕事を失うこともあり得ます。
そしていざ新しい仕事を見つけようと思っても、スキルや経験が足りず、思うように就職できないかもしれません。

AI時代における職業選びのコツ

これからのAI時代を乗り切るためにも、職業選びのコツを押さえましょう。
10年〜20年後に安定した生活を送れなくなってしまうからです。

職業選びを怠ると、将来仕事がなくなってしまいます。

  1. AIの得意・不得意を知る
  2. 人が人に対して価値を提供できる
  3. 新しい仕事に目を向ける

上記3点を意識することが大切です。
AIが代替できない仕事を知るところから始め、将来もAIに取って代わられない仕事を選べるようになりましょう。

安定した生活を送るためにできること

AIによってなくなる仕事が分かり、不安になった人もいるでしょう。
しかし今すぐ仕事がなくなるわけではありません。

将来も安定した生活を送れるよう、まずは今できることから始めましょう。
例えば

AIに関する勉強・資格を取る
AIに代替されない仕事に転職する
コミュニケーション能力・ホスピタリティを磨く
上記のような取り組みから始めてみてください。
いずれも手に職をつけられる仕事に繋がります。

「今の仕事しか経験していないから不安だ…」と思われる人もいるでしょう。
しかし未経験でも安定した生活を送れる仕事はあります

エンジニア
営業
上記2つの仕事なら未経験でも就職できますし、将来も安定した生活を送れるようになります。
東京エール」なら、専任のキャリアカウンセラーが親身になって相談に乗ります。

未経験からでも就職できるよう研修体制も充実しているので、まずは気軽に相談してみてください。

なくなる仕事のまとめ

以上が

『将来なくなる仕事となくならない仕事』
『新しく生まれる仕事』
『なくならない仕事の共通点』
でした。

AIは私たちの生活を便利にしてくれますが、同時に将来なくなる仕事があるのも事実です。
しかし将来も安定した生活を送るために、できることはあります。

まずは将来もなくならない仕事を知り、新しい仕事にも目を向け、安定した生活を送る準備をしましょう。

先のことは誰にも分からないですが、失業する可能性もあります。
仕事がなくなる可能性、なくならない可能性どちらも考えながら、今後の生き方を考えてみてください。

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content