仕事で怒られてばかりの20代が取るべき5つの方法や怒られないための必勝法を解説

・怒られてばかりで辛い
・何のために仕事をしているのか分からない
・こんなことなら仕事を辞めてしまいたい

仕事で怒られてばかりいると、毎日仕事に行くのが憂鬱になりますよね。

20代で仕事で怒られてばかりの人は、全て自分が原因であるとは限られません。

会社や上司が原因のケースもあるため、原因を見つめ直す必要があります。

場合によっては、転職するのもよいでしょう。

本記事では、仕事で怒られている20代の特徴や原因について解説します。

また、怒られた時の対処法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

最後まで読めば、明日から使える怒られないための対処法が分かりますよ。

仕事で怒られている20代の特徴

20代で、仕事で怒られている人には大きく分けて3つの特徴があります。

・言葉に覇気がない
・ガサツである
・同じミスを繰り返す

順番に解説していきます。

言葉に覇気がない

あなたは、上司に何か言われた際に「はい」と、気持ちの良い返事ができているでしょうか。

言葉に覇気のない人は、自信がないように見えてしまいます。

また、やる気があるかどうかも見えないため、仕事を任せづらいと感じられてしまいます。

話しかけられた際は、高めのトーンで元気よく返事をしましょう。

ガサツである

職場には大切に扱うべき書類や備品があります。

それらをガサツに扱った結果、紛失や破損してしまっては大変です。

そのため、職場ではできるだけ丁寧に物を取り扱いましょう。

新人のうちは焦りもあり、物の扱いは雑になりがちです。

カサツな人は上司からの信頼も低下してしまうため、気を付けましょう。

同じミスを繰り返す

同じミスを何度も繰り返されると、上司はどう指導していいか困ってしまいます。

なぜ何度も同じミスをするのか、周りの人には理由が分からないからです。

しかし、同じミスを繰り返すのは何か理由があるはずなので、まずは原因を追究しましょう。

また、何度も同じミスを繰り返されると、上司は自分の話を聞いてもらえていないのかと思ってしまいます。

その結果、何度も怒られてしまうのです。

20代で怒られてばかりいる原因

20代で怒られてばかりいる人は、

・自分が原因の場合
・会社や上司の原因の場合

の2つがあります。

自分が原因であれば、ちゃんと直して対策を打てば怒られなくなりますよね。

一方で上司が原因なのであれば、対策方法も変わってきます。

ですので、どちらが原因なのかを知れば適切な対策ができるので、しっかり見極めていきましょう。

自分が原因の場合

自分に原因がある場合は、

・仕事の成果が出せていない
・ミスが多い

上記のような状況であることが考えられます。

仕事の成果が出せていない

会社は、ボランティアで給料を出しているわけではありません。

しっかり仕事で成果が出せないと、上司は注意せざるを得ないでしょう。

しかし、上司の怒り方にも問題がある場合があるため、理不尽な理由であるかどうかは見極めが大切です。

その結果、自分に原因がある場合は、改めて自分自身を見直しましょう。

ミスが多い

ミスは会社だけでなく、取引先企業や顧客にまで迷惑がかかります。

目立つミスを繰り返していれば、当然怒られてしまいます。

また、時間を守れないなど、社会人としての常識が守れていない場合は、すぐに改善しましょう。

自分の意識を変えるだけで、ある程度改善は可能なはずです。

せっかく仕事で成果を出していても、時間にルーズな人は上司に認めてもらえません。

一方で、どれだけ真面目に働いてもミスが減らない場合は、仕事が自分に向いていない可能性があります。

どうしてもミスが減らない時は、転職も視野に入れてみましょう。

会社や上司の原因の場合

次に、会社や上司の原因の場合を見ていきます。

会社に原因がある場合は、

・ストレスのはけ口にされている
・上司が怒りっぽい性格

上記のような状況が考えられます。

ストレスのはけ口にされている

世の中には、感情や気分次第で相手に怒りをぶつけてストレスを発散する人がいます。

逆らえないのを良いことに、部下をサンドバックのように扱う上司もいます。

このような上司の場合、部署異動をお願いするか会社を辞めることも選択肢に入れましょう。

我慢を続けると、心も体も疲弊してしまいます。

また、一度うつ病になってしまうと転職活動も動きづらいです。

病気になってしまう前に、転職することをおすすめします。

怒りっぽい性格

もともと怒りっぽい性格の上司もいます。

このタイプの上司は、部下が自分の思い通りにならない時は恐怖で支配しようとします。

そのため、部下は怒られないように怯えながら仕事をすることになるでしょう。

職場で部署異動がある場合は、一時的なものだと思って我慢するのもよいでしょう。

しかし、少人数の職場や人事異動のない会社である場合、転職を考えることをおすすめします。

このような上司は、あなたに何の問題がなくても、自分の失敗やストレスをぶつけて発散します。

そのため、どんなに対策をしようとも上司の機嫌に振り回されることになるでしょう。

怒られてばかりいる時の対処法

20代で怒られてばかりいる時の4つの対処法を紹介します。

・任された仕事を期限までにこなす
・仕事に優先順位をつける
・適度にストレス発散する
・転職を考える

ポイントとしては、怒りを生まない状態を作ることです。

それでは詳しく解説していきます。

任された仕事を期限までにこなす

一度任された仕事は、必ず期限を守りましょう。

上司は求めていたレベルの仕事ができない人に怒ります。

そのため、完璧にこなせば言うことがなく、怒られることもありません。

ただし、期限を守るあまりミスが増えてしまっては逆効果です。

提出前には、必ず何度も見直しを行いましょう。

もし、期限が間に合わなさそうな時は、前もって上司に相談をしておくことも大切です。

当日になって間に合わないことを伝えると、仕事に滞りができてしまうので怒られてしまいます。

しっかり報連相を行うことで、上司の信頼を得ることができますよ。

仕事に優先順位をつける

たくさんの仕事を同時に抱えてしまうこともありますよね。

その時は、優先順位をつけて効率的に仕事をこなしていきましょう。

第一は取引先で、第二に上司の仕事を行います。

あとは自分の仕事なので、自分のペースでこなせば問題ありません。

自分の仕事を優先して上司に任された仕事をおざなりにしていると、怒られてしまうでしょう。

責任感がないと思われかねません。

上司からの仕事を優先することで、任された仕事に対して責任感を持っていることをアピールできます。

適度にストレス発散する

上司に怒られてばかりの毎日だと、ストレスが溜まってしまいますよね。

そのため、人に話すなどして適度にストレスを発散しましょう。

人に話すことで、ストレスが発散できるだけではなく、自分を客観的に見ることができます。

また、よいアドバイスを受けることができるかもしれません。

周りに話せる人がいない場合は、友達に電話するのもよいでしょう。

友達も同じような悩みを抱えているかもしれません。

お互い励まし合えば、心強い存在になります。

また、映画を見て涙を流すのもストレス発散になります。

身体を動かす、たくさん睡眠を取るなどもおすすめです。

過度なストレスは、心にも体にも悪い影響を与えます。

一人で貯めこまず、適度に発散することを心がけましょう。

転職を考える

自分に合っていない仕事をしていると、怒られてばかりの20代を過ごすことになってしまいます。

せっかくの20代を無駄にしないためにも、自分に合っている会社に転職することもおすすすめです。

転職をすることで、人間関係が良くなり労働環境も改善されることがあります。

今は、転職をすることは珍しくない時代です。

さらに20代の場合は未経験の仕事にも挑戦できる環境が整っているため、新しい仕事もどんどん吸収できますよ。

20代なら取り返しがききます。

結婚し、子供を持つと家庭のことを第一優先にして転職のハードルが上がってしまいますよね。

若いうちに自分に合った職場を見つけることができれば、将来も安心です。

うまく転職先が見つかるか不安な方は、転職アドバイザーと面談を行い、相談することもおすすすめです。

しっかりヒアリングを行った上で、ぴったりの企業を見つけてくれますよ。

まとめ

20代のうちは、仕事に慣れておらず、怒られることも多いです。

怒られる原因を知れば、適切な対処法を見つけることが可能です。

しかし、上司の機嫌で怒られるなど、自分ではどうにもならない原因である場合は、転職も視野に入れましょう。

東京エールでは、アットホームでホワイトな企業の求人を取り扱っています。

どんな求人があるのかだけでも知りたいという方もぜひ一度お問い合わせください!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content