仕事が覚えられないから辞めたいあなた!仕事を覚えるコツや転職のメリットを徹底解説

・仕事が覚えられなくて辛い
・上司に怒られるのが嫌で、辞めてしまいたい
・仕事を覚えるコツが知りたい

仕事を始めて間もない頃は、仕事を覚えられず落ち込んでしまうこともありますよね。

しかし、いきなり全ての業務を覚えられる人はいません。

すぐには覚えられなくても焦らず、ひとつひとつ着実に身に付けることが大切です。

本記事では、仕事を覚えるためのコツや方法を紹介します。

最後まで読めば、効率的に仕事を覚えられるようになりますよ。

仕事を覚えるためのコツ

教わったことをすぐに覚えられずミスをすると、自分を責めたくなるものです。

しかし、同じような悩みを抱えている人はたくさんいます。

そんな人に、仕事を覚えるための5つのコツを紹介します。

理解してから作業を進める

説明や指示を受けた内容を十分に理解しないまま作業する人は、注意が必要です。

特に上司が忙しそうで質問しづらい雰囲気の場合は、同じような質問をするのは気が引けてしまうでしょう。

しかし、しっかり理解できていないまま仕事を進めると、ミスにつながってしまうことがあります。

分からないとこは、最初のうちにクリアにしておきましょう。

自発的に努力する

指示を待っている人や、自発的に努力ができない人は、いつまでたっても仕事を覚えることはできません。

職場における自分の役割を理解し、自ら積極的に動いて仕事を覚えていきましょう。

自発的に動くと発見も多く、成長スピードも早まります。

また、周りからの好印象も得ることができるため、仕事がしやすい環境づくりにもつながります。

復習する

エビングハウスの忘却曲線は、ご存知でしょうか。

人は記憶したことの約50%を1時間後には忘れてしまいます。

また、24時間後には約70%を忘れてしまうのです。

そのため、記憶の定着には復習が効果的です。

帰宅後に、その日教わったことを復習して、記憶の定着に努めましょう。

些細なことでもメモを取る

はじめのうちに教わった仕事は、最初は覚えていられても、新しい業務を覚えるうちに忘れてしまうものです。

うっかりミスをなくすために、指示されたことは些細なものでもメモを取っておきましょう。

また、メモは一字一句すべて書き留める必要はありません。

話の要点を抜き出し、情報を整理して覚えましょう。

周りをよく観察する

仕事をする中で、周りによいお手本の先輩がいないか、探してみましょう。

よいお手本を真似すると、知識や技術の習得にとても有効です。

日ごろから先輩の仕事ぶりを観察し、参考になりそうなものはどんどん吸収していきましょう。

仕事を覚えられない理由

仕事を覚えられない人は、何か理由があるはずです。

ここでは、仕事を覚えられない理由を紹介します。

記憶力に頼りすぎている

仕事で教わることは、1度や2度説明を聞いたくらいで覚えられるような単純なものではありません。

そのため、忘れていても思い出すことができるように、メモを取っておきましょう。

記憶力に頼りすぎると、覚えたつもりになってしまいがちです。

あいまいな記憶のまま仕事をすれば、当然ミスもしてしまうでしょう。

定期的にメモの内容を思い出し、記憶が定着するまで何度も繰り返して覚えることが必要です。

誰にも相談しない

仕事を覚える際、気軽に相談できる相手がいると、確認し合えるため覚えやすくなります。

一方、誰にも相談しない人は、分からないこともすぐに聞くことができません。

また、怒られたくないという理由で、上司に質問できない人もいるでしょう。

しかし、それではいつまで経っても覚えることはできません。

仕事を覚えるには、何度も繰り返し確認することが必要です。

そんな時、気軽に相談できる相手がいれば、スムーズに仕事を覚えることができるでしょう。

もし職場に相談できる人がいない場合や、上司に質問を断られる環境である場合、転職を視野に入れるのもひとつの方法です。

覚えることが多い

覚える量が自分のキャパを超えている場合は、短い時間で覚えることは難しいです。

覚えられる量や覚えるまでにかかる時間は、人によって差があります。

いきなり大量の情報を全て覚えるのは無理があるでしょう。

まずは自分で覚えることができる量に分けて、順番に覚えていきましょう。

この方法であれば、最終的には全てを覚えられるかもしれません。

仕事によっては、覚える仕事の量が多いものもあります。

その場合、自分にその仕事が合っていないのかもしれません。

向いていない仕事だと感じる場合は、自分に合った仕事を探すことも大切です。

仕事の目的を理解していない

意味が理解できていないものは、覚えにくいです。

仕事の目的を理解できているか、今一度考えてみましょう。

何のためにこの業務をするか、が理解できていれば、単なる暗記ではなく思考で物事を関連づけることができます。

人は単体で覚えるより、関連付けて覚える方が得意です。

仕事が覚えられない際は、仕事の目的について意味を理解するようにしましょう。

優先順位が分からない

仕事においては、必ず覚えておくべきものと、できれば覚えておくべきものがあります。

覚える優先順位が分からないと、必要なことが覚えられていないという状況に陥ってしまいます。

メモを取った情報から、重要性の高いものと低いものを分けて、重要なものから順番に覚えていくようにしましょう。

せっかく覚えても、重要性の低いものでは仕事の役に立ちません。

また、重要なことが覚えられていないと、努力を上司に認めてもらえないでしょう。

どれが重要であるか分からない人は、上司に相談するなどして、確認することも大切です。

分からないことをそのままにしていると、あとあと苦労することになります。

新人のうちに、分からないことは全て聞いておきましょう。

仕事に対する興味がない

仕事に対して興味を持てないと、覚えようというモチベーションも上がりません。

また、仕事に興味がないと、覚えられないだけではなく、ミスも増え信用が低下します。

職場の人とコミュニケーションを取る気持ちにもなれず、人間関係もうまく築けない可能性もあるでしょう。

興味のない仕事は、なかなか上達しません。

今なんとなく仕事をしていて、熱意を持つことができない人は、転職がおすすめです。

自分に合った仕事が見つかれば、毎日の仕事も楽しくなるでしょう。

しかし、ただ職場を変えただけでは、意味がありません。

まずは自分が何に興味があるのか、自分に向いている仕事は何かをよく考えましょう。

能力が低い

どれだけ真面目に取り組んでも、仕事が覚えられない人もいるでしょう。

その場合は、残念ながら、能力が低いことが原因かもしれません。

時間をかけてじっくり取り組むか、転職して能力に合った仕事をさがしましょう。

睡眠不足

人間は十分な睡眠が取れていないと、記憶力も低下してしまいます。

残業の多い職場や、休みの取れない職場である場合は、睡眠不足が原因であることが考えられます。

生活リズムを整え、休日にはしっかりと睡眠を取りましょう。

仕事が覚えられない人の特徴

仕事を覚えられない人には、どのような特徴があるのでしょうか。

それぞれを見ていきましょう。

仕事を覚えられず焦っている

新入社員のうちは、仕事を早く覚えないといけないと焦ってしまいがちです。

しかし、焦りは思わぬミスを引き起こします。

あまり焦らず、前向きに取り組むことが大切です。

誰もが通る道だと思って、落ち着いてひとつずつ覚えていきましょう。

努力不足

単なる努力不足で覚えられない場合もあります。

新人のうちは何度もメモを取る、帰宅後に復習する、など、自分が覚えやすい方法を模索しなければなりません。

先輩や上司も新入社員の頃は、みんな努力して覚えてきました。

仕事ができると言われている人でも、見えないところで努力しているものです。

このような日々の地道な努力ができなければ、仕事を早く覚えることは難しいでしょう。

優先順位が分からない

仕事の中には、すぐに覚えるべきものと、そうではないものがあります。

すぐに覚えなくてもよいものを一生懸命覚えても、戦力にはなりません。

そのため、優先順位を考えて覚えることをおすすめします。

優先順位が分からない場合は、上司に質問してみましょう。

覚え方が分からない

仕事の覚え方を分かっていないことも考えられます。

メモを取らない、質問しないなど、そもそも覚え方が分からなければいつまで経っても仕事を覚えられないでしょう。

まずは、仕事の覚え方について調べるなどして学ぶ必要があります。

仕事が覚えられない時の対策や行動

仕事を覚えられない時には、一体どのような対策や行動があるのでしょうか。

次の項目を見て、できることから取り入れてください。

理解できるまで都度質問する

仕事が覚えられない人は、意味が理解できていないまま、なんとなく仕事を進めてしまうことがあります。

もちろん、自主的にメモを頼りに自ら進んで仕事に挑戦するのは素晴らしいことです。

しかし、意味が理解できていないと、時に間違った方向に進み、応用も利きません。

取り返しのつかないミスにつながってしまう場合もあります。

そのため、自分の中で理解できていないなと感じることは、理解できるまで先輩や上司に質問しましょう。

上司が忙しいと、質問しづらいと感じることもありますが、そのまましてしまうのは危険です。

また、質問がないと上司はどこが分からないかが分からず、もしくは分かっていると思われてしまいます。

勤務年数が上がるとどんどん質問しづらくなるので、新人のうちにたくさん質問しておきましょう。

メモを取り、復習する

教わったことは忘れないうちにメモを取りましょう。

走り書きでよいので、上司の言葉を聞き洩らさないことが大切です。

しかし、メモを取るだけで安心してしまってはいけません。

退勤後、自宅でメモを見ながら復習しましょう。

仕事中は業務をこなすのに忙しく、復習の時間は取れないことが多いでしょう。

そのため、仕事の時間外で業務全体を意識しながら振り返ると、翌日の仕事がスムーズにこなせます。

メモを見ながら覚え、最終的にはメモを見なくてもこなせるようになることを目標にしましょう。

先輩に覚え方のコツを聞く

自分以外の人がみんな仕事を覚えていると、余計に焦ってしまうものです。

そのような場合は、すでに仕事を覚えている先輩に覚え方のコツを聞いてみましょう。

自分が考えてもみなかったコツを聞けることもあります。

他の人の覚え方を知ることで、新しい発見につながることもあるので、積極的に相談してみましょう。

仕事関係の知識を独学する

業務に関わりがなくても、知っておけば役に立つ知識はたくさんあります。

業務には関係ないと切り捨てずに、独学でどんどん吸収していきましょう。

このような努力をするかしないかで、数年後大きく差が開きます。

仕事への理解が深まるかもしれないと思うものがあれば、少しずつ独学をしておきましょう。

一見関係がないと思えるようなことも、後々効果が出ることがあります。

アウトプットを行う

覚えただけで、仕事で実践的に使えなければ意味がありません。

仕事に活用できるようになって、初めて覚えたと言えます。

学生時代、テストで点数を取るために、何度も同じ問題を解いて覚えたものです。

これは仕事においても、同じです。

ただ覚えるだけではなく、どんどんアウトプットしていきましょう。

例え失敗しても、失敗から学べることもたくさんあります。

インプットとアウトプットを繰り返せば、少しずつ前進することができます。

転職を考える

仕事には、向き不向きがあります。

どの対策をとっても仕事が覚えられない場合は、そもそもその仕事に向いていないのかもしれません。

単純作業が得意な人もいれば、営業などのコミュニケーションが得意な人もいます。

思い切って転職することで、解決するかもしれません。

合わない仕事をいつまでも続けていると、ストレスがたまり、健康にもよくありません。

どうしでも自分に合っていないと感じる場合は、転職がおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仕事を覚えるまでは、大変だと感じることも多いでしょう。

しかし、何度も繰り返し復習するうちに、少しずつ覚えることができます。

すぐに結果が出なくても決して焦らず、前向きに取り組みましょう。

また、あらゆる手を尽くしても覚えることができない時は、転職することも方法の一つです。

東京エールでは、アットホームでホワイトな企業の求人を取り扱っています。

悩んでいる人は、一度相談してみることをおすすめします。

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content