インフラエンジニアもプログラミング言語が必要?おすすめの言語や勉強法をご紹介

これからインフラエンジニアを目指そうと考えている
プログラミングも学んだほうがいいの?
学ぶべきプログラミング言語を知りたい

需要の高いインフラエンジニアでありたいけど、何をすればいいか分からず困っていませんか?

結論、インフラエンジニアもプログラミング言語を学びましょう。

インフラのクラウド化が進んでいるからです。

本記事で紹介すること
  • 『インフラエンジニアにプログラミングが必要な理由』
  • 『インフラエンジニアが学ぶべき言語』
  • 『今後のインフラエンジニアに必要なスキル』

本記事を読めば、インフラエンジニアがプログラミングを学ぶべき理由が分かります。

需要の高いエンジニアであり続けるための方法を知りたい人は、最後までお読みください。

インフラエンジニアにプログラミングが必要な理由

インフラエンジニアは今後、プログラミングスキルが求められます。

プログラミングスキルが必要な理由
  • インフラのクラウド化が進んでいるから
  • フルスタックエンジニアの需要が高まっているから

これまでの物理的なITインフラを担うインフラエンジニアも必要ですが、IT技術は進歩しています。

時代の流れについていける人が、需要の高いエンジニアだと言えます。

インフラエンジニアにプログラミンスキルが必要な理由を紹介します。

インフラのクラウド化が進んでいるから

インフラエンジニアはクラウド技術の習得が必須です。

ITインフラのクラウド化が進んでいるからです。

これまでは物理的にインフラを用意するのが一般的でした。

しかしクラウド技術の登場により、インフラをインターネット上に用意できるようになりました。

そのため今後のインフラエンジニアには「インフラをコードで制御する」業務が求められます。

代表的なクラウド技術
  • Amazonが提供するAmazon Web Service(AWS)
  • Googleが提供するGoogle Cloud Platform(GCP)

これからのインフラエンジニアはインフラのクラウド化に対応するため、上記のサービスを扱えるようになる必要があります。

フルスタックエンジニアの需要が高まっているから

インフラエンジニアにもインフラ技術以外のスキルが求められています。

エンジニアが慢性的に不足しているからです。

フルスタックエンジニアとは「開発工程を一人ですべて行えるエンジニア」を指します。

エンジニアが不足している昨今、幅広いスキルをもつエンジニアは重宝されます。

また開発の視点からインフラを設計できるエンジニアは、各企業から引く手あまたです。

需要の高いエンジニアでいるためにも、幅広いスキルを身につけましょう。

インフラエンジニアが学んでおくべき言語

今後もインフラエンジニアとして需要高くありたいなら、プログラミング言語を学びましょう。

インフラ以外の業務が必要になるからです。

インフラエンジニアが学んでおきべき言語
  • Ruby
  • Python
  • Java

いずれもインフラ業務とかかわりのある言語です。

それぞれの言語の特徴を解説します。

Ruby

Rubyは「初心者にも学びやすい」と言われている言語です。

日本生まれの言語で「プログラミングを楽しむ思想」のもと開発された言語だからです。

Ruby on Railsというフレームワークを使うことで、効率的に開発できる特徴があります。

おもにインフラ業務の自動化で使われることの多い言語のため、インフラエンジニアに向いている言語と言えます。

初心者にも学びやすいので「何から学べばいいか分からない」という人はRubyを学び始めましょう。

Python

Pythonは機械学習の分野で使われることの多い言語です。

Pythonが使われることの多い分野
  • IoT
  • AI
  • 『未経験からインフラエンジニアを目指す方法』

Pythonで作られた有名なサービスとして「You Tube」「Evernote」などが挙げられます。

少ないコード量でプログラミングできるので、初心者にもおすすめできる言語です。

インフラ業務の自動化に役立つ言語なので、インフラエンジニアにおすすめです。

Java

Javaはプログラミング言語の中で、最も人気のある言語です。

業務システムやアプリケーションなど汎用性が高いからです。

Javaを学ぶメリット
  • 参加できる案件のは場が増える
  • アプリケーションの話が分かるようになる

特に歴史の長いサービスはJavaを活用している傾向があります。

Javaを学ぶことで対応できる幅が広がるので、インフラエンジニアもJavaを学んでおきましょう。

プログラミングができないインフラエンジニアの将来

プログラミングスキルのないインフラエンジニアの将来性は低いと言えます。

インフラだけの仕事は減っていくと予想できるからです。

クラウド技術の登場により、従来のインフラ業務だけでは対応できない案件が増えてきました。

つまり「インフラ技術しかもたないエンジニアの仕事がなくなる」可能性があります。

もちろんインフラの需要がなくなりませんが、今とは形が変わっていくと予想できますよね。

将来も仕事を獲得できるよう、今のうちからプログラミングを勉強しましょう。

今後のインフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアは今後、プログラミングスキル以外も身につけましょう。

これからも長く活躍し続けるために必要だからです。

活躍の場を広げるのに必要なスキル
  • クラウド化への対応
  • コミュニケーション能力
  • 英語力

インフラエンジニアはキャリアアップしていくと、エンジニアスキル以外も必要になります。

今後も活躍し続けるためにも、専門スキル以外にも目を向けましょう。

クラウド化への対応

インフラエンジニアのクラウド化対応は必須です。

世の中のクラウド化ニーズは止まらないからです。

インフラのクラウド化は、新しくサービスを展開するスタートアップ企業を中心に広がっています。

今後の新しいサービスは、クラウド化したものがリリースされていくでしょう。

市場の流れについていくためにも、クラウド技術を早めに習得してください。

コミュニケーション能力

インフラエンジニアもコミュニケーション能力を磨いていきましょう。

一人きりで仕事をするわけではないからです。

インフラエンジニアの仕事は一人では完結できません。

インフラエンジニアの仕事内容
  • 設計
  • 構築
  • 保守・運用

上記の仕事をこなすには必ずチームで行います。

トラブルの情報共有や顧客からの要望を正確に伝えるためにも、コミュニケーション能力をおろそかにしないようにしましょう。

英語力

あまり重視されていませんが、英語力を身につけたほうが良いです。

グローバル化が進んでいているため、今後は海外エンジニアと仕事するかもしれないからです。

またITインフラのトラブル対応をする際、機器のマニュアルを確認します。

日本語で書かれていれば良いですが、中には海外製でマニュアルが英語である可能性もあります。

最新のITに機器は海外発のものが多いので、最新情報を早めにキャッチするためにも英語の勉強を始めましょう。

インフラエンジニアが持っておくといい資格

インフラエンジニアは資格がなくともなれますが、持っておくといい資格はあります。

持っておくといい資格
  • ORACLE MASTER
  • LPIC
  • CCNA

未経験であればインフラエンジニアに関する知識を体系的に学べます。

また資格を持っておくことでスキル・知識の証明になるので、資格を持っておいて損はないです。

効率的に勉強し、さらなるスキルアップをしたいなら資格取得は最適です。

未経験からでもインフラエンジニアを目指せるのか

「自分でもインフラエンジニアを目指せるだろうか?」と不安になっている人も多いでしょう。

結論、未経験からでもインフラエンジニアは目指せます。

どんなIT・Webサービスにもインフラが必要だからです。

従来のインフラかクラウドインフラかによって使われる技術は違いますが「インフラが必要」という点は同じです。

新しいサービスが生まれるたび、インフラが必要になります。

エンジニア全体が不足している中、インフラエンジニアも人手不足なので未経験にも目指すチャンスがありますよ。

インフラエンジニアになるのにスクールが有効

独学でインフラエンジニアを目指すこともできますが、おすすめできません。

なぜなら一人では挫折してしまいやすいからです。

挫折せずに勉強を続けたいなら、スクールの活用が有効です。

今からインフラエンジニアを目指したい人は「東京エール」を利用しましょう。

東京エールの特徴
  • 専任のキャリアカウンセラーが徹底サポート
  • 多数のインフラエンジニアの求人
  • 未経験者向けエンジニア研修
  • 無料で研修を受けられる
  • 研修後の転職サポートも行なっている

未経験者にも安心のサポート体制が用意されています。

専任のキャリアカウンセラーや講師があなたを徹底サポートしてくれますし、未経験者向けエンジニア研修もあります。

IT技術の進歩が早いエンジニア業界では、早いうちから経験とスキルを身につけるほうが有利です。

「まだ迷っている」という人も、まずは相談だけでもしてください。

優良求人はすぐなくなるので、機会損失になってしまうからです。

気軽にどんな求人があるかだけでも見てみましょう。

インフラエンジニアに必要な言語のまとめ

この記事で紹介したこと
  • 『インフラエンジニアにプログラミングが必要な理由』
  • 『インフラエンジニアが学ぶべき言語』
  • 『今後のインフラエンジニアに必要なスキル』

インフラのクラウド化により、インフラエンジニアもプログラミングを学ぶ必要があります。

今後はクラウド技術を扱えるエンジニアに、需要が集まる可能性が高いです。

少しでも早くプログラミングもできるインフラエンジニアになれば、引く手あまたです。

需要の高い人材でいるためにも、今のうちにプログラミングスキルを習得しましょう。

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content