リモートワークが出来る職業は限られる!未経験でもリモートで働ける仕事をご紹介

・リモートワークをしたい!けれどどんな職種ならリモートワークができるのかわからない
・リモートワークが増えているけど、メリットってあるの?
・未経験でもリモートワーク可能な職種に転職するには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、働きかたを見直したり、人との接触を減らし感染リスクの低下を目的として、各企業でリモートワークの導入が進んでいます。

ですが、すべての会社でリモートワークの導入が可能なわけではありません。

リモートワークができる職種は限られているのです。

この記事で解説すること
  • ・リモートワークができる職種/できない職種は?
  • ・リモートワークのメリット/デメリット

最後のまとめでは、「リモートワークのできない会社で働いているけれど、リモートワークができる会社へ転職したい!」という方に向けて、未経験からでも挑戦できるリモートワーク可能な仕事もご紹介します。

これからの働き方について改めて考え、理想の働き方を実現しましょう!

リモートワークができる職種は?

まずは、リモートワークができる・リモートワークがしやすい職種をご紹介します。

自信のスキルを活かした技術職や、パソコンひとつで業務ができる職種は、リモートワークが可能です。

エンジニア

さまざまな分野でIT化が進む中、近年需要が上がり続けているのがエンジニアです。

エンジニアの中にも、開発エンジニアやインフラエンジニアなどさまざまな種類があります。

基本的にはパソコンとネット環境さえあれば仕事ができるので、リモートワーク向きの職業と言えます。

需要のある職種だからこそ、エンジニアリがモートワークで働ける環境をしっかりと整えることに注力する企業が増えているのです。

ある程度のスキルを身に着けられれば、転職しても他の企業で即戦力として活躍できますし、フリーランスとして働く選択肢もあります。

Webデザイナー

Webデザイナーもエンジニア同様リモートワーク向きの職種です。

パソコンとネット環境があれば業務が可能です。

また、クリエイティブ関連の仕事にはセンスや発想力が必要不可欠なため、自宅などの集中できる環境で働くほうが作業がはかどるという人が多いのです。

結果、高いクオリティのものを制作できるようになり、最近ではフルリモートで働くWebデザイナーが増えています。

しかしWebデザイナーは、美大出身もしくはCSSなどが扱える実務経験のあるような、即戦力として活躍できる人材を求める企業が多く、未経験ではなかなか目指すことが難しいです。

マーケター

マーケターとは、企業の売上向上や問題改善のために、あらゆる情報を集めながら分析を行い、戦略を練って企業のサポートをする仕事です。

マーケティングの領域は幅広く、人によって経験分野や得意分野が異なります。

自信の強みを理解し、ある程度の経験を積んでいるマーケターであれば、リモートワークでも問題なく業務を進めることができます。

社内外とのやり取りが多く発生するため、チャットなどオンラインでのコミュニケーションに慣れているとより業務が進めやすいでしょう。

ライター

ライターは、以前からリモートワークのしやすい職種として知られていました。

テキストを制作し納品する仕事ですので、パソコンさえあれば他に特別な準備も必要なく、比較的低いハードルで始めることができます。

始めるハードルが低い分、業務委託やアルバイトなどの形態でも人が集まりやすいため、ライターとしてある程度の収入を得るためには個人のスキルや能力が必要不可欠になります。

未経験からでも就ける仕事はエンジニア

未経験からでもリモートワークができる仕事を目指すなら、断然エンジニアがおすすめです。

他の職種に比べて、研修の実施など未経験者を受け入れやすい環境を整えている企業が多いですし、今後も需要がさらに高まるからです。

一度スキルを身に着けてしまえば、ほかの会社やフリーランスとしてでも、スキルを応用して活躍することができる点も魅力です。

リモートワークのできない職種は?

リモートワークのできる職種をいくつかご紹介しましたが、反対にリモートワークのできない職種にはなにがあるのでしょうか。

業務内容によっては、いくら工夫をしてもリモートワークではできない職種があります。

接客業

レストランやカフェなどの飲食店、ホテルや旅館などの宿泊施設、そのようなお客様を直接お迎えする接客業では、リモートワークの導入は難しいでしょう。

予約の受付や支払いなど、一部に機械やシステムなどの導入をしている店舗が増えてきています。

ですが、飲食店や宿泊施設で支払うお金には、過ごす時間やサービスに対するものも含まれているため、接客業にリモートワークを進めることは今後も難しいと考えられます。

医療関連

医療や介護などの仕事は、直接患者と関わる仕事です。

遠隔での診療や電子カルテなど、徐々にIT化を進めている段階ではありますが、診療などに必要な器具や道具は施設内でしか使用できないため、リモートワークは不可能と言っていいでしょう。

製造業

製造業もまた、工場内でしかできない作業がほとんどです。

工場内で物づくりをし、完成した物を納品・出荷するまでが仕事ですので、社外でできる作業はありません。製造業もリモートワーク化の可能性が非常に低い職種の1つです。

建築業

建設業では、初期段階での打合せや設計などはリモートワークでも行うことが可能ですが、作業の段階に入ると遠隔では対応できません。

際に現場で建設を進めていく仕事ですので、リモートワーク向きの職種とは言えないです。

リモートワークのメリットは?

リモートワークのできる職種/できない職種をご紹介しましたが、そもそもリモートワークにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

なぜリモートワークを導入する企業が増え、リモートワークを希望する求職者が多いのか、リモートワークでしか得られないメリットをご紹介します。

通勤時間の削減

リモートワークを実施した場合、通勤時間は0分になります。

もし通常の通勤時間が片道1時間・往復2時間の人の場合、テレワークを導入するだけで1日2時間もの自由な時間を手に入れることができます。

趣味を楽しんだり休息にあてたり、資格や新しい知識習得のための勉強に費やしたりと、日々の充実度が格段にアップします。

普段通勤にかける時間が長い人ほど、通勤時間の削減は大きなメリットだと感じます。

作業効率がアップする

会社で仕事をすると、電話・来客対応に追われたり、部下や上司からの突発的な質問やコミュニケーションなどが日常的にあり、本来の業務が度々中断してしまうことも多くあると思います。

リモートワークですと、社内外のコミュニケーションは電話・メール・チャットツールなどで行いますが、お互いに必要な情報を整理してから発信する余裕が生まれるため、コミュニケーションは必要最低限の機会で済むようになります。

また、自宅での作業場所を自分自身で快適な環境に変えることができるため、社内で業務を行うよりも作業効率がアップし、新たな業務にチャレンジする機会が増えたり、会社から良い評価をもらうこともできます。

ワークライフバランスが整う

通勤時間の削減や作業効率の向上で、無駄な残業が減り時間に余裕が生まれます。

また、今までストレスに感じていた人間関係やコミュニケーションから離れたり、見直す機会にもなるため、身体・精神面にも良い影響を受けます。

今までは仕事にいっぱいいっぱいでプライベートに余裕を持てなかった人が、リモートワークにより生まれた時間や、心と身体の健康により、家族との時間や趣味の時間を満喫できるようになったケースが多くあります。

仕事とプライベートのバランスは、長く働いていく上で重視しなければいけないポイントですので、ワークライフバランスを整えることはいい仕事をする上で非常に大切なことです。

リモートワークのデメリットは?

多くのメリットがあるリモートワークですが、もちろんデメリットもあります。

リモートワークを目指す人こそ、事前にデメリットを理解した上で、自分なりの改善策を考えてみましょう。

オン/オフの切り替えが難しい

リモートワークでは、就業時間中はすべて自宅での作業となります。

・通勤→出社
・決められた時間に休憩
・退勤→帰宅

上記のようなタイミング、今までは自然に気持ちの切り替えができていましたが、リモートワークだと仕事と休憩・プライベートの切り替えがしづらくなります。

オン/オフをうまく切り替えるためには、自分自身でタスクを整理しながら明確なスケジュールを立てて業務に臨みましょう。

普段からの意識を変えてリモートワークをすることで、オン/オフの切り替えはもちろんのこと、スケジュール管理能力の向上を目指すことができます。

運動不足になりやすい

普段はなかなか意識せず気づきにくいかもしれませんが、通勤時の電車や徒歩での移動時間は、小さな運動の積み重ねになっています。

リモートワークにより通勤がなくなったことで、「最近身体が重いかも・・・」と運動不足を実感するケースが多くあります。

今、ネットには自宅でも簡単にできる運動の情報や動画などがたくさんあります。

リモートワークで得た時間を活用して、日常的に続けられるような運動を試してみましょう。

身体が健康だと、気持ちも前向きになり、仕事にも積極的に取り組むことができます。

コミュニケーションが取りづらい

今まで対面がメインだったコミュニケーションですが、リモートワークでは手段が限られます。

慣れていないと、「メールやチャットだと質問しづらい・・・」と思うこともあるかもしれません。

しかし、手段が限られているからこそ情報を整理する余裕が生まれ、コミュニケーションの質が上がります。

伝える力・受け取る力を、リモートワークによって向上させることができるのです。

未経験からリモートワーク可の職種に転職するには?

未経験からリモートワーク可の職種に転職するには、エンジニアを目指すことをおすすめします!

リモートワーク可の職種には、スキルや経験が求められる仕事が比較的多いです。

ですが、エンジニアであれば未経験での募集を行っている企業が多くあるため、転職成功の可能性も高いのです。

IT化がすすむ現代では、今後もさらにエンジニアの需要が高まるため、今のうちに手に職をつけておきましょう。

東京エールでは未経験からエンジニアへの転職をサポートします!

「リモートワークをかなえるためエンジニアとして働きたい!けれど実際どうしたらいいの?」

そんなあなたへ、『東京エール』ではエンジニアを目指す皆さんを応援します!

東京エールでは、エンジニアを目指すための1ヶ月間の研修を、無料で受講することができます。

未経験からでも、独自のカリキュラムに沿って学ぶことでITの基礎知識を身につけることができ、資格の取得も目指せます。

また、東京エールでは1ヶ月間無料で住めるシェアハウスをご用意しています。

転職にともない引っ越しを検討されてる場合、初期費用(敷金・礼金・前家賃など)を抑えることができ、家を探す手間も省けるので、転職活動に集中できます。

東京エールでは過去に多数の就職/転職成功実績があり、応募書類の作成や面接対策のアドバイスも可能です。

皆さんがエンジニアへの転職を成功させるまで、東京エールが全力でサポートします!

まずは無料カウンセリングで、あなたの不安や今後のキャリアプランをお聞かせください。専任のカウンセラーが親身に相談にのります。

まとめ|エンジニアへ転職して、リモートワークを始めましょう!

リモートワークのできる職種は限られています。

もし今回ご紹介したメリット/デメリットも踏まえてリモートワークという新しい働き方を目指すのであれば、転職を検討してみましょう。

未経験だからといってあきらめる必要はありません。

ご紹介した『東京エール』の転職支援サービスなどを活用し、理想の働き方をかなえましょう!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content