正社員で簡単な仕事5選!楽して稼ぐ方法や安定する仕事選びのコツも徹底解説

・今の仕事がつらい・・・もっと楽な仕事をしたい
・事務や受付って簡単そう!転職を考えようかな?

現状の仕事に不満を抱えており、「もっと簡単な仕事がしたい!」と考える人が多くいるのではないでしょうか。

しかし、不安定な社会情勢が続く中、「簡単そう」というイメージだけで転職するのは長い目で見ると非常に危険です。

この記事で紹介すること
  • 簡単なイメージのある仕事
  • 簡単な仕事につくデメリットとは?
  • 手に職をつけるのがおすすめ!未経験でも大丈夫

今はどの企業でも求められる人材になるために、手に職をつけることがおすすめです。

「スキルもないし、新しい職種に挑戦する自信もない・・・」そんなあなたへ、未経験からでも手に職をつけることは可能です!

簡単な仕事につくことは良いことなのか、自信の将来のこともふまえて改めて考えてみましょう。

簡単な仕事ってなにがある?

「今の仕事がだるい・・・もっと簡単な仕事があるはず!」

誰でも一度は考えたことがあるはずです。

一般的に簡単だと言われる職種は、ルーティン作業のものが多く、誰にでも簡単にできるというイメージを持たれがちです。

ここでは5つの職種をご紹介します。

事務

さまざまな企業で必要とされる一般事務のほか、営業事務・経理事務・貿易事務など、特定の分野に特化した事務もあります。

業務はデータ入力や書類作成などが多く、一日中パソコンに向かって作業をすることがほとんどです。

単純で日々変わらない作業が多いため、飽きてしまう人が多くいます。

また、実際の業務のほかに、社内の雑用などを頼まれることが多くあります。

受付

お客様への対応がメインの業務になるので、お客様が来ない間はこれといってできることがなく、時間が長く感じてしまいます。

しかし、いつお客様がくるかは予測できませんし、緊急での対応も求められることもあり、常に周りの目があるため、いつでも気を張っていなければいけません。

業務内容自体は単純ですが、気疲れの多い職種です。

工場作業関連

工場での作業は、基本的に1から細かいマニュアルが用意されています。

マニュアルに沿って、坦々と目の前の業務をこなしていきます。一度作業内容を覚えてしまえば、簡単にこなしていけるでしょう。

ただ、工場作業関連の職種は立ち仕事が多く、早朝から深夜まで稼働している工場では勤務時間が不定期になるため、体力面での負担が大きいです。

ドライバー

目的地まで荷物を届けるという単純な業務内容で、免許があればなれます。

しかし、配送元や配送先の都合に合わせなければならず、拘束時間が長くなったり、勤務時間が不定期になりがちな仕事です。

警備員

さまざまな施設で必要とされる警備員は、外から見ると簡単そうな仕事に感じますが、常に周囲の環境に気を配らなければなりません。

立ち仕事のため体力を消耗してしまいますし、施設で起こったトラブルには迅速に対処せねばならず、大きなストレスを感じたり、身の危険を感じるような場面もある仕事です。

簡単な仕事に就くデメリットは?

「お金を稼げるんだったら、簡単な仕事のほうがいい」と考える人が多くいますが、簡単な仕事に就くことにはデメリットがあります。

楽がしたい、という一時的な感情で転職を決めてしまうと、近い将来に苦労をしたり、後悔をすることもあります。

スキルが身につかない

簡単といわれる仕事は、マニュアル化されていたり、毎日のルーティン作業だったりと、誰にでもできるような内容のものがほとんどです。

自分自身で考えたり行動することがほとんどないため、特別なスキルがなにも身に付きません。

他の企業で応用できるような経験も積むことができず、転職した際に活かせるスキルがなく困ることが多くあります。

飽きてしまいがち

毎日が同じ作業の繰り返しというのは、簡単ではありますが、慣れてくると飽きてしまいます。

数ヶ月後、数年後も同じ作業を繰り返すことを想像すると、消極的な気持ちになってしまいます。

給与が少ない・昇給もほとんどない

誰にでもできる仕事というのは、代わりになる人もたくさんいるということです。

管理者から見ると、簡単な仕事の中では、個々のスキルに差がなく成長も感じづらいため、最低限の給与になり、昇給のチャンスもほとんどないケースが多いです。

安定して暮らすためには手に職をつけることが大切

簡単な仕事につくことには多くのデメリットがあり、むやみに転職することは非常に危険です。

不安定な社会情勢が続く中、安定した生活を目指すのであれば、手に職をつけることをおすすめします!

今のうちに手に職をつけておくことで、個人の価値を上げ、さまざまな業界・企業で求められる人材になることができます。

自分にしかない強み、応用力のあるスキルは、今後働いていく上で大きな武器になります。

未経験で手に職つけられるのはエンジニア

いまなんのスキルももっていない・・・という方もあきらめないでください。

手に職をつける、というと長年の経験が必要なイメージですが、エンジニアであれば未経験からでも手に職をつけることができます。

実際、まったくの別職種で働いていたけれど、1から勉強してエンジニアを目指し、数ヶ月語には現場で戦力として活躍しているエンジニアがたくさんいます。

エンジニアが未経験でも活躍できる理由

IT化が急速に進む現在、各業界でエンジニアの需要が高まっています。

企業からの需要に対してエンジニアの数が追いついておらず、最近では実務未経験でも採用を行っている企業が多くあります。

また、エンジニアは実力主義なため、本人のやる気次第では急速な成長も期待できます。

新しい技術が日々更新されているので、向上心を持って学べる人は確実に個人のスキルを高めていくことができるのです。

まとめ|簡単な仕事にはデメリットが多い

今の仕事から離れて簡単な仕事に就きたいとたくさんの人が考えますが、簡単な仕事にはデメリットが多いため、むやみに転職をするのはおすすめしません。

将来のことを考えて、もう一度じっくりと考えてみましょう。

・今のうちに手に職をつけたい
・エンジニアに挑戦してみたい

そんなあなたへ、『東京エール』では未経験可の求人をたくさんご用意しています!

過去に多数の就職/転職成功実績があり、応募書類の作成や面接対策のアドバイスも可能です。

また、未経験での転職が不安な人には、エンジニアを目指すための1ヶ月間の研修を、無料で受講することもできます。

独自のカリキュラムに沿って学ぶことでITの基礎知識を身につけることができ、資格の取得も目指せます。

皆さんがエンジニアへの転職を成功させるまで、東京エールが全力でサポートします!

まずは無料カウンセリングで、あなたの不安や今後のキャリアプランをお聞かせください。専任のカウンセラーが親身に相談にのります。

簡単な仕事を選ぶよりも、未来の自分のために手に職をつけられるよう、一歩踏み出してみましょう!

LINEで無料相談実施中
今すぐに転職を考えていない人でも
気軽に登録して下さい♪

友だち追加

Click to Hide Advanced Floating Content